嗚呼、悲しいではないか

手打ちの始まりだが・・・・

朝日デジタルより転載
文部科学省は4日、藤原誠・初等中等教育局長(59)を11日付で官房長とする人事を発表した。藤原氏は現職に就いた16年6月まで官房長を務めており、異例の「出戻り」人事。同省の組織的な「天下り」あっせん問題で減給処分を受け、人事院規則で昇任できないため、こうした対応になった。
 天下り問題で停職処分を受けた元人事課長の藤江陽子氏(53)と藤原章夫氏(53)もそれぞれ、スポーツ庁審議官と文化庁文化部長と、処分時と同格のポストに就く。一方、学校法人「加計学園」をめぐる問題に対応してきた常盤豊・高等教育局長(58)は生涯学習政策局長に就き、後任に義本博司・総括審議官(55)を充てる。義本氏は、同学園の獣医学部新設をめぐって「総理のご意向」などと記された文書の調査を担当していた。
 松野博一文科相は4日の会見で「適材適所を基本とした」と述べ、「新たな布陣で文部科学省が国民から信頼される組織となるよう」、行政を進めると抱負を語った。(水沢健一)



例の文科省天下りあっせんで減給処分を受けていた人たちが、人事院規則で昇任はできないが、旧職へ復帰した。
ということで、加計学園問題の決着に向けて体制を整えつつある。つまり、安倍側は降参したということである。もちろん、本人は無事で側近が勝手にやったということで処罰されるだろう。
ところが、そこで安倍が絡んでいた重大な証拠が出て、安倍も議員辞職に追い込まれると、、いいなぁ(笑)

こうなると前川元事務次官も旧職復帰となるだろう。
これで、加計問題に手打ちと言うのが安倍側の魂胆ですが、そうは問屋が卸さないのです。引いたら、追い込まれるのは世の常。だから突っ張っていたんでしょうが、突っ張り切れなくなったら、一気に押し出される。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (115)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
31位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん