FC2ブログ

嗚呼、悲しいではないか

藤原直哉「超不景気に備えよ」

全員が債務超過
音声再生

・レバノンとイスラエルの地上戦が始まったようだ
・アメリカの軍事敗戦がないと思わらないと思っている
・イスラエルとサウジはパニックになっているので、戦争になれば終わる
・そうなれば東アジアが動く⇒米軍の大掃除が始まった
・韓国は北朝鮮について行く
・北朝鮮とシリアは繋がているので、中東が決着しないと北朝鮮は動けないかも
・アメリカも徹底的軍事敗戦がないと引くに引けない
・近衛が昭和天皇にもう止めようと進言も、昭和天皇もう一回勝たなければ止められない(そういう現実であった)
・仮に軍トップを説得しても、下が言うことを聞かないだろう
・最後に負戦撤退は大変(トランプが進めるが難航)

・急転直下が起こり得る。準備すること:全員が債務超過になりうる。レバリッジ金融破綻の後始末をする方法がない
・アメリカの家計収支は大変(家の値段を吊り上げたが)、ドイツ銀行も救済不可能、中国、アルゼンチン、等々救い難い
・国が巨大な借金を負っていると、国民一人に割ると誰もが債務超過になりうる(日本は世界最大の負債国)
・20世紀までの矛盾が形となって現れてきた⇒すべてのシステムの破壊
・誰かが損をすれば誰からが儲かるのではないか?⇒全員が損することが起こり得る(超バブル⇒資産価値が暴落すれば世界中同時に負債を抱える)
・資産経理:負債と資産は同時に増える⇒バブルになれば黒字、資産の下落になれば債務超過になり得る
・過去にも何度も起きている(1929年世界大恐慌、、90年代日本)
・債務超過⇒資産を売り払っても⇒負債を払いきれない⇒銀行の営業停止⇒債務超過がどこでバレルのか
・政治が不安定になるとバレチャウことが起こる
・大口取り付けが起こる(中国、ドイツ)と銀行も破綻する
・中国もすでに債務超過
・ゾンビ企業(債務超過)が増えている⇒資金繰りが続けば営業はできる(現金さえあれば)
・銀行が健全であればゾンビ企業に回せる金がなくなる
・個人の場合は日々の生活資金もなくなる可能性がある
・底なしの不景気⇒投資が止まる(リスクが取れない)⇒貸しはがしも起こる⇒倒産・失業が起こる⇒政治が揺らぐ⇒政権交代ができるかどうか
・なぜ中国がダメか?⇒政権交代ができない(第二共産とを作っておけばよかった)
・共産党はとっくに債務超過(再建不可能)⇒政治的にも沈没
・切り札があるか?⇒デフォルト(開き直る)
・国ごとにすでに分かっているのだから、手を打っておく必要がある

・自分たちの生活を守ることを考える
・雇用が落ちている(拡大する)⇒新しいライフスタイル⇒生きる目的

・国民国家は終わり⇒自立(仲間)借金は返さない⇒リスタート
 *具体的にどうするかですよね。
  こういうことがみんなで議論できる雰囲気をつくらなけば、それこそ大変なことになる
  日本全体としては金がある。弱者救済、自立をどうするか?



励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (533)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
9位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん