FC2ブログ

嗚呼、悲しいではないか

フルフォードレポート(6/10)

トランプ訪英によって許可されたアングロ同盟は、9/11以降のファシスト傾向の逆転に繋がるだろう

国防総省と英王室情報筋によれば、ドナルド・トランプ大統領の先週の訪英はアングロ同盟の亀裂を癒し、西側の9/11以降のファシストクーデターが逆転されることになるのは間違いがないだろう。「大英帝国への訪問はアングロ-アメリカ軸において協商と、お気づきの目下の問題のすべてについて非常に重要である。Brexitは非常に大きな取引である。旅は成功であり、両国間の結束は今強くなった」と言うのは、英国王室が総括したことである。

このことは、アングロ-アメリカとビルダーバーググループの背後の欧州ファシスト・ナチ人貴族
との間に溝があることを意味している。ビルダーバーグ参加者からの準公式の報告書は、ドイツ主導のEU派とイタリアと同様にアングロとの間に大きな溝があることが確認している。

http://www.hurriyetdailynews.com/what-was-discussed-at-the-bilderberg-meetings-analysis-144045

一方、フランス情報機関の情報筋は、彼らは、最近のEU議会選挙はドイツ派によって不正に操作されていた証拠を見つけたと言っている。彼らは、選挙実施前に現れた選挙結果を正確に発表した記事を指摘している。フランス国を解放するために戦いは続いていると、彼らは言う。

https://www.youtube.com/watch?v=BptCA6JtKRI&feature=youtu.be

一方、オランダの内部告発者は、ナチ・オランダ王室家族によって設立されたビルダーバーグに関する破滅的な情報と彼らがファシスト・アメリカのロックフェラー(クリントン)、ブッシュらの派閥との関係を提出している。とりわけ、彼らは第二次世界大戦中にボーイングが爆撃機を製造して、アメリカを爆撃するためにそれをドイツに送っていたと報告している。

http://paulaliebe.com/blog/2019/04/17/who-paid-for-the-wwii/?fbclid=IwAR2HNPAy_wX0FgdfC204a3VxAnLgjZsx6xa2zocOQJFFucUGF94x_BdVO9k

このことは重要である。何故なら、今年初めに本物の軍人がトランプ政権を去ったとしても、米国では「代理の国防長官」としてボーイングの経験30年のパトリック・シャナハンがいるからである。

国防総省情報筋は我々に、先週の「東マージナルウェイ沿いのボーイング社の多くのシアトルの整備工場に沿った26本の電柱の突然のドミノ倒壊は、偶然の一致ではありません」と言っている。

「これは、公開であれば秘密であれ、戦争挑発/戦争犯罪/戦争技術(5Gを使うかもしれない)と同様に、ボーイング社の「事故機」で使用されている機体の遠隔操縦を止めろと言うボーイングへのホワイトハットのメッセージであったと、その情報筋は言う。

リーマンショックより大きい可能性のある金融事件が、連邦準備制度理事会とEU中央銀行を所有するハザールマフィアのナチ派を終わらせる準備が整っていると言う兆候がますます大きくなってきた。(訳者注:トランプ政権がずっとこれを推し進めてきたじゃないか、ご存じないのか?兆候なんて言ったら怒られるよ、結果です)

これは、1971年に米語句米国が金本位制を放棄した後にロックフェラー家のためにビルダーバーガであるヘンリーキッシンジャーによってつくられた正式の取引プラットホームが閉鎖されて、金価格に関連してある範囲内で取引された通貨のバスケットによって置き換えられたことを意味している。

このことは、連邦準備制度の100年の任期が満了した2012年以降の通貨変動のチャートを見ることによって確認される。これは、家計への多額の寄付と組み合わされています。株式市場は、相対的な金融の安定につながっています。

しかし、ロシアのウラジミール・プーチン大統領が先週、中国の習近平主席との会談の後に言ったように、「量的緩和(QE)政策およびその他の措置(リーマン後)は本質的に問題を解決していない。未来は延期されました。」

http://tass.com/economy/1062609

この未来は幕が上がったかもしれない。市場への参加者は金融システムへの巨大な地震性ショックに関する銀行業務である。以下のチャートは世界貿易がリーマンショック時の状況と同一の方向で崩れたことを示している。ところで、我々は英語インターネットからこのグラフを検閲する組織的企みに遭遇して、それを再配置する為には中国サイトへ行かなければならなかった。

https://www.tiezong.com/weiyan/14402.html

もう1つのグラフは、大きなものが差し迫っていることを示しており、ユーロドル市場の長期金利がリーマン直前の短期金利よりもさらに低いことを示しています。これは、手遅れになる前に長期にわたって安定した資金を結び付けようとすることで、トレーダーが大きな問題が発生すると考えているためです。


https://www.zerohedge.com/s3/files/inline-images/ABOOK-June-2019-Rate-Cuts-EuroD-Junitok電子2019-2020-1_0.png?= XMIo5Jvx

先週末に日本で開かれたG-20の財務大臣会合は、「リスクは部分的に下向きである」および「貿易と投資は地政学的緊張が悪化している」という声明を発表したとき、市場の不安を和らげるものは何もなかった。通常は当たり障りのない公式のG20コミュニケが示すすが、今回はかなり過激なものです。

私たちはイギリスの王室、ペンタゴン、CIA、その他の情報源にそのショックについて尋ねたが、私たちは非常に徹底的なニュース禁輸措置に遭遇した。しかし、イギリスの王室は9月までには何も起こらないだろうと示唆した。

中国に対する米国の関税およびHuawei社および他の中国企業に対する制裁措置のほとんどが9月に発効するだけであるという事実も、それまでに一種の世界的な合意が交渉されるべきであることを示唆しています。

契約には何が関係しているのかについての兆候がいくつかあります。中国の財務省筋によると、中国は米国の国内インフラの再構築を支援し、米国の生産を世界規模のチェーンに再統合することを申し出たという。一方、ペンタゴンの情報筋によると、彼らは軍産複合体というゴミ取り除き、秘密にしておいたいくつかのハイテク製品で米国経済を再建するためにお金を払う準備ができているという。

今後数ヶ月のうちに解決されるべきもう一つの大きなトピックは、Facebook、Google、Amazon、そしてAppleのようなハイテク巨大企業です。ここでは、G20はすでに彼らに税金を払うことを強いることに同意しています。

https://qz.com/india/1637109/india-is-leading-a-global-charge-to-make-corporate-giants-pay-fair-tax/?utm_source=reddit.com

しかし、対処される必要がある本当の問題は、検閲と、これらのハイテク寡占のおかげで増殖する偽作の情報である。たとえば、サルマン王のウェブサイトでWebで見つけたすべての写真は、次の新しい若い体の替え玉の写真に置き換えられました。 私の同僚がそうであったように、私ははっきりと以下のこの記事を覚えています。 それはとても老朽化した王の写真でした。 この写真はは置き換えられました。

https://www.straight.com/blogra/812751/does-saudi-arabias-new-king-salman-have-alzheimers-disease

https://mainichi.jp/articles/20190531/k00/00m/030/087000c

新聞や伝統的なメディアは、現実世界の記者が実際の出来事を報道しているが、これらのハイテク寡占がそれらを廃業に追いやっているとも述べている。

購読収入は増加していますが、このハイテク窃盗は広告収入を減少させました。 2006年の500億ドルから2017年の約160億ドルまで。これは彼らに編集費の削減を余儀なくさせました。従業員は同じ期間に74,000から39,000に減少しました。これはグーグルの海賊版およびフェイスブックの検閲により大きな被害を受けたこのニュースレターにも当てはまる。

https://thehill.com/homenews/media/447532-news-industry-joins-calls-for-more-scrutiny-of-big-tech

これが純粋な検閲であることがしばしば証明されることができるけれども、今これらの寡占は「ヘイトスピーチとの闘い」の名の下に何千もの独立したニュースチャンネルを閉鎖し始めた。

たとえば、今朝、Jimstonefreelance.comからNew York Postに掲載されたヒラリー・クリントンの兄弟の殺害に関する記事へのリンクをクリックすると、そのリンクが検閲されたというメッセージが届きました。今、それはただ「私たちはそれ見つけることができません」と言っています。

インターネットの巨人のこの激しい検閲は、新しい殺人キャンペーンと一致している。国防総省の情報筋によると、ヒラリー・クリントンは兄のトニー・ロダムを黙らせるために殺害したという。ニューヨークの警察スティーブンシルク副局長とベテランの刑事ジョーカラブレーゼも、彼らが若い女の子を拷問して殺害したヒラリークリントンとヒューマアベディンのビデオのコピーを持っていたので、殺された、と情報筋は言う。

元アーカンソー州上院議員リンダコリンズ - スミスも殺された。スミス氏は、クリントン財団の児童保護プログラムから借りた2700万ドルを発見するために国土安全保障省の部内者と提携していたとバチカン P2 メーソンは述べている。

この作家はまた最近彼ら自身と彼の家族に対してハザル・ナチスから彼らの罪の私達の暴露に腹を立てて死の脅威を受けていると連絡を貰った。しかし、彼らは今回法律を破ることができないでしょう。殺すには私たちの数が多すぎます、そして私たちには真実と正義、そして私たちの側の軍事力と特別な力があります。クリントンが自分の兄弟の死を命じなければならなかったという事実は、捜査が
が今日どれだけ近いかを示しています。正義の輪はゆっくりと潰され、それらは塵となって引かれる。(訳者注:「私たちの暴露」??トランプ政権が普通の裁判では逃げられるので、「国家反逆罪」と言うことで軍事裁判を行おうとしており、それに対する民主党の抵抗に対抗しながら彼らの犯罪行為の暴露を今まさに行おうとしている努力を知らないのか?認めたくないのか?とっくにわかっていることを並べているだけである。それに対してどうするがありません。いつもの通り「正義は勝つ」だけです。そして何数年前から「9月になれば解決する」こればかり。うんざりです)

今週はインドネシアからの最新情報をもとにレポートを完成させます。銀行と質屋が9日間閉鎖された後に再開した、と大いに安心している、と情報筋は言う。

しかし、ホワイトドラゴンソサエティの出典によると、

「大統領選挙の物議をかもした結果で、ここで何かが明らかに生じている」私の連絡先は、憲法裁判所(MK)が6月22日頃にその意見を述べるべきであると私に言った。それはまだ終わっていません。勝利するためにはまだ2,3の問題がある。ジャワの中部と東部で17百万の幽霊票が独立分析によって確認された模様である。全てジョコウィへの投票である。

「MKは証拠とともにこの情報を持っており、裁判官は彼らが本物であることを知っており、それが結果を覆すことができます、そしてPrabowoは勝者であることを証明します。 中部と東部のジャワに新たな投票がみつかるでしょう、彼らは難しい事実を無視することができない、変化は風にあります。」

これは米国と中国の間の代理戦争の一部であり、それはうまくいけば9月までに解決されるでしょう。


--------------------------------
もう終わりですか??ほんと最近中身がありません。

「うまくゆけば9月に解決される」解決されるわけではないんだ、、ずっとこのパターン。インドネシアも大事ですが、日本も、欧州もみんな同じ状況なのです。その大本の米国のマフィアの息の根を止めることが重要であると言うのがトランプ政権です。ただただ白龍会の地元のことをこれが世界の大問題のごとく、騒いでいるだけ。要は何度も言いますが、白龍会のメッセンジャーボーイであり、ジャーナリストではない。もうお辞めになったらいかがか。

樹林&果林さんの方が、ほんとう真剣に米国のこと、日本のこと、世界のことを追っかけてくれている。JFKなんですけどね・・・・・・

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (527)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
8位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん