フルフォード緊急警告

- -

緊急警報:北朝鮮は韓国とクリミアで第三次世界大戦を始めようつするシオニストの計画を警告している。

ウクライナ艦船とロシア艦船が接触・発砲をしてる。



米へイリー国連大使:(ロシアの)傲慢な行動に対して、国際社会は避難し決して容認してはならない。

ウクライナ:事件が起こった現場にロシアとの国境線は存在しない。

ロシア:ウクライナ艦船の行動派目に余る挑発行為だ


ウクライナ艦船の拿捕に抗議して、首都キエフのロシア大使館前に集まったデモ隊(11月25日) Gleb Garanich-REUTERS

ウクライナはロシア国境において戒厳令を発した。「ロシアは地上戦を準備している」


2018年11月27日:満州王族は韓国とクリミアで事件を挑発することで第三次世界大戦を始めるシオニストの計画の警報を本日訴えた。マクロンの背後にいる人々がこれを行っていると、その情報筋は言う。

だから、人類に対する犯罪によって差し迫った大量逮捕を恐れるシオニストは、ゴグとマゴク、つまりロシアと中国とG7の間の念願の人工終末戦争を始める聖母マリアの祈り作戦を始めようとしている。

アジアの秘密結社の情報筋は先週、必要な変化を刺激するためにはある種の軍事対立が必要であると暗示している。中国がこの計画に沿って進めば、日本を含むアジアの支配を与えられるものと思われる。

満州人は第三次世界大戦を引き起こすための北朝鮮への中国軍の軍事侵攻が差し迫っていて、ウクライナへのロシア侵攻と同時に起こると言っている。

ウクライナの出来事は複数のニュース報道に見られるように、ウクライナ政府の最高レベルから命令されたロシアへの軍事挑発ですでに始まっている。ウクライナ政府はまた、戒厳令を宣言しており、一般の動員を始めている。

この企みは、平静を保ち戦争の炎を燃やす政府高官と高レベル金融者に的を絞った逮捕をすることで抑制できる。マクロン、イスラエル首相のベンジャミン・ネタニヤフ、ウクライナ大統領ペトロ・ポロシェンコと北朝鮮への侵攻を推し進めるし進める中国高官を含む高官たちを速やかには廃除する必要がある。

ロシアはまた、ウクライナへ侵攻することを認められ、西側の侵攻なしにそこにいるナジオニスト(ナチシオニスト)の汚物を排除する必要がある。


----------------------------------------------------------

いよいよ、ロシアはウクライナ進行を決意したということだろう。

最もそれを感じているのがウクライナであり、終に挑発行為に出た。

双方、待ってましたということになる。

ロシアが進行したとき、西側の軍隊はどう出るのでしょうか?

マクロンガ欧州軍の創設を訴えているが、纏まってはいない。

ウクライナとロシアとの戦いになれば、勝敗は見えている。

ウクライナは戦わずに、負けるのではないだろうか。

ロスチャイルドはもはやウクライナがどうなろうがどうでもいい、大戦争は始める機会をだがしているだけ。

結局はウクライナ内のロシア管理地ができるだけなのだろう。マクロンはフランス軍で防戦すればたいしたもんだが、できないでしょう。


アメリカも表向きは賛成できないが、決戦をしようと(事前に露中と調整済み)けしかけている。

中国も同様である。力で負かすしかハザールマフィアには通用しない。

安倍も同じ。



励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村


ページトップ