FC2ブログ

嗚呼、悲しいではないか

フルフォードレポート(11/19)

やり手の犯罪人ネタニヤフはから彼の上司を密告することで免除を求めている

大量殺人犯であり、悪魔崇拝者のイスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフは彼のロスチャイルドご主人の密告を行うことで自らの命を救う司法取引をしようとしていると、モサド情報筋は言う。ネタニヤフの迫った崩壊はハザールマフィアの最終崩壊が目前であることを意味しており、ロスチャイルド家のフランス分家とスイス分家と彼らの同盟者たちが裁判に陥るのはそう遠くないだろう。

ネタニヤフの崩壊は、下記に示すようにフランスのエマニュエル・マクロンとサウジアラビアのモハメッド・ビン・サルマンを含む一連の西側指導者たちを排除することになるハザール暴徒の目下の崩壊の一部に過ぎない。

まず、ネタニヤフの場合をもっと詳細に見てみましょう。この面では、イスラエル警察はネタニヤフに対する別々の3つの問題で犯罪訴訟を提唱することを推奨している。先週、メディア腐敗スキャンダルの一環として、最新のものがやってきた。

https://www.middleeastmonitor.com/20181117-israel-police-to-recommend-netanyahu-be-tried-for-media-corruption/


今まではネタニヤフは彼の訴訟を防ぐために、首相である彼の立場を使うことができた。しかし今は、彼は議会の過半数を失っているので、彼自身の逮捕を阻止する能力は終わりに近づいていると、モサド情報筋は言う。

ネタニヤフの崩壊は、ガザ地区に対する攻撃に簡単に敗北したことから引き起こされたと、国防総省情報筋は言う。この攻撃はワシントン・ポストのコラムニストのジャマエル・カショギの殺人を世間の目からそらさせることが目的であったと、その情報筋は言う。しかし、それにもかかわらず、国連、ロシア、ヨルダン、フランス、英国、エジプトと米国が彼の不正行動に対して団結したので、逆効果となった。これはネタニヤフの棺の最後の釘になるだろうと、その情報筋は言う。ネタニヤフの崩壊はアラブ系キリスト教徒で、元中央司令部長のジョン・アビザイドがサウジアラビアの大使に任命されることから始まると、国防総省情報筋は言う。これは、彼がトルコ、イラクとイランと連携しながらイスラエルを非核化し、サウジアラビアを分断する軍部司令官になることを意味していると、その情報筋は言う。目的は・・・・ユーフラテス川からナイル川に渡る大イスラエル帝国から世界を支配するという冒涜的なハザールマフィア計画に終止符をうつことであると、その情報筋は言う。彼のご主人であるロスチャイルドを引き渡すと申し出る前に、カショギ殺人におけるネタニヤフの役割からドナルド・トランプ米大統領の注意をそらすために、さらなる試みとしてトルコの政治活動家フェトフッラー・ギュレンをドナルド・トランプに引き渡すという「必死の動き」をしたと、その情報筋は続ける。

ギュレンはサバタイ派マフィアの末裔の一人であると信じられており、トルコのエルドアン大統領から2016年の失敗したクーデターの責めを受けている。エルドアンは現在、83か国にいる462人のギュレン活動家の追放を求めている。


https://sputniknews.com/middleeast /201811141069798773-gulen-turkey -demand/


しかし、エルドガンは今は、彼の本当の敵はネタニヤフ、サウジアラビアの彼の傀儡支配者モハメッド・ビン・サルマンMBS(よく似た彼の影武者)と彼らのご主人ロスチャイルドであることを知っていると、モサドと日本軍情報機関は言う。劇的に失敗に終わったギュレンを使ってトランプの目をそらせるこの企みは今は、トルコとイランの暫定協定を受けて敗者ネタニヤフとMBSの排除を余儀なくされていると、国防総省情報筋は言う。

ネタニヤフの陥落は先週パリで行われたトランプとロシア大統領ウラジミール・プーチンの会談の後にやってきたと、国防総省情報筋は言う。この会談でインターポールの新しい長官にロシアのアレクサンダー・プロコプチュク大将が選ばれた。プロコプチュクは世界中のイスラエルの資産と徒党代理人を排除するための警告を発信する米諜報機関によって支援されると、彼らは付け加えた。

米国でもこのプロセスが加速している。今、手のひらを返した上院議員リンジー・グラハムが上院法務委員長を務め、「裁判の指名を促進して、真相国家の犯罪を取り締まる」ことを期待されていると、彼らは言う。

以前の上院は共和党が支配をしていたが、新人の裁判かと検察官の指名を妨害していた、そして米国の待ち遠しい逮捕を遅らせていた。さらに、米国の上院財政委員会の新任議長チャック・グラスリーは「ウォール街詐欺、犯罪と腐敗を取り締まる準備ができている」と彼らは言う。

ワシントンDCで権力を失いつつあるハザールマフィアは志向性エネルギー兵器DEWsを使ってカルフォルニアを攻撃して、さらなる訴追を防ぐ無力な企みを行っている。 下のGloabal Researchの記事の定義を参照してください(削除されたようですが、他のものはこのWebサイトを検索して入手できます)。

http://www.globalresearch.ca/twenty-five -years-ago%E2%80%A6/5518407%E2%80 %A6



DEWは、集中した電磁エネルギービーム(レーザーおよび高出力マイクロ波システムを含むが、これに限定されない)または原子または亜原子粒子を主に使用して、人を殺す、傷つける、不能化する、または一時的に無力化する、または一時的に不動産または物資を無能力にする。アコースティック武器は、人を殺す、傷つける、無効にする、または一時的に無力化するために、周波数スペクトル全体にわたって音を使用します。アコースティック武器は、DEWの共同定義外ではあるが、従来の武器よりもDEWに似ています。そのような武器がカザフスタン人によってカリフォルニアに対して使用されているという圧倒的な証拠がある。


https://prepareforchange.net/2018/11/17 / the-globalist-are-waging-open-war-on-america /


それだけでなく、内部告発者のDeborah Tavaresは、Rothschildとその家族とその会社Pacific Gas&Electricに対するこれらの攻撃を非難する証拠を提供しています。



武装解除することを拒否するならばカリフォルニア民主党の連邦議会議員エリックSwalwellが核兵器でアメリカの市民を攻撃すると脅迫したとき、Rothschildsと彼らの使用人がどれくらいうろたえるかというはっきりした兆候が出てきた。


https://www.zerohedge.com/news/2018-11 -16/california-democrat-threatens-nukes-if -americans-dont-hand-over-their-guns


これらの高級犯罪者たちが気付いていないことは、もはや彼らが秘密のまま行動できないし、刑罰の免除もされていないということです。特に我々は、この家族のフランス分家が、これらの多くの犯罪に責任を負っていると聞いている。これは今や役割が逆転して、現在は脅かされている側にあるということである。これはEUを「中国、ロシア、米国」から守るために、欧州軍を唱える必死のエマニュエル・マクロン奴隷大統領に見ることができる。彼が実際は意味することは、ロスチャイルドとドイツとフランスのような奴隷政権を世界の非難から守ることであった。

しかし、まず、マクロンはフランス人から自分自身を救う必要があります。先週、280,000人以上の自動車運転者が、フランスの2,000カ所以上の道路で道路を封鎖し、政権に抗議した。これらの抗議行動は、フランスの人口の73%が支援していた。

デイビット・デ・ロスチャイルドがフランス警察から隠れているので、アレクサンドル・ガイ・デ・ロスチャイルドは現在、家族のフランスのロスチャイルド支部の正式責任者になっています。彼の写真はここに見ることができます:


https://www.rothschildandco.com/ja/who-we- are /コーポレートガバナンス/リーダーシップ/


日本の右派筋によると、麻生太郎財務相の娘と結婚し、結婚式はここのリンクで見られた城で行われた。



http://kakeizunotobira.denshishosekidaio .com/2017/02/12/post-3850/


日本の水資源がフランスの水会社に大幅なディスカウントで売られた事実は麻生とその義理のフランス人に責任があるという結論に至ったと、日本の右翼情報筋は言う。我々は叉、ロスチャイルド・フランス分家が日本に対する2011年3月11日の大量殺人攻撃を実行した後に、東京そのものを攻撃すると更なる脅しをかけるためにこの著者の接触してきた。数年前の中国における反日暴動に資金供出したのはフランス・ロスチャイルドであったと、アジアの美蜜結社情報筋は言う。しかし、フランス・ロスチャイルドの日本の支配はまもなく終わるだろうと、複数の情報筋は言う。日本産業会は、これまでハザール暴徒によって抑制されてきた常温核融合かパラダイムチェンジ技術の実用化に対して白龍会の保護を求めていると、その情報筋は言う。保護は提供されており、その技術のデモンストレーション調整中であると、彼らは言う。白龍会はまた、アジアの秘密結社の代表達と今週に会合する予定であり、とりわけ日本と安倍政権の今後について議論すると、白龍会情報筋は言う。


また、アジアと西洋の秘密結社は西側将来計画機関の設立と融資の準備を続けている。その機関は中国の大規模「一帯一路」計画と調和して機能するだろう。この問題の合意は、米国と中国の間で以下起きている大きな摩擦を緩和するために役立つを期待されていると、交渉の近くにいる情報筋は言う。先週言ったように、惑星を救う基本的合意は既に為されており、今は具体的計画を立てる時である。


しかし、これは時間がかかることが予想されるので、しばらくお待ちください。惑星を転向させることは海中でスーパータンカーを回転させるようなものである。転向の決断が為されても、多くの運動量は船が転覆しないようにゆっくり進むように設計されている。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (419)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
9位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん