FC2ブログ

嗚呼、悲しいではないか

フルフォードレポート(10/8)

世界は、想像力を越えてものすごいハザールマフィア犯罪について学ぼうとしています

ハザールマフィアは恐ろしい規模で子供の虐待、殺人、虐殺を行っており、世界は軍事法廷が始まりを知ろうとしている。ニュヨーク警察やCIAから送られた不穏な写真や証言は、ハザールマフィアが本当に悪魔であることを示している。これらの人々は真実と和解委員会を超えており、すぐに死ぬ以外に価値がない。

米国の不明の子供たちに関する統計から始めましょう。そうすれば懐疑論者は彼らの完全なる悪に対して心を閉じることが防げる。2015年、442,032人が行くへ不明になっている、このうち42,032人は見つかっていない。


https://www.fbi.gov/file-repository/2015-ncic-missing-person-and-unidentified-person-statistics.pdf/view

これに比較すると、同年の日本では、17,971人の子供が行くへ不明になって、そのうちの99%近くが見つかっている。


https://www.npa.go.jp/safetylife/seianki/fumei/H28yukuehumeisya.pdf

CIAによって送られた下の写真は、CNNスターとFRBヴアンダービルト相続人のアンダーソン・クーパーにリンクされており、少なくともこれらの子供たちに起こった事に関してヒントを与えるかもしれない。


さらに悲惨なのは、ニュヨーク市警から宅配便でCIAの送られた以下のリンクにビデオ静止写真である。それは悪魔の儀式でヒラリークリントンによって顔をはがされた処女を示している。警告です、それはグラフィックであり、私は2分後に見るのをやめた。


https://youtu.be/zIbY6jyQpJ8

今、私は連邦準備理事会を所有する家族について記者会見でジョージ・ソロスの顔に現れた恐怖の顔を理解し始めた。彼はおそらくこの種のものを最初に見たのであろう。

これらの犯罪者の訴求は、判事ブレッド・カバナーの承認を受けて軍事政府が支持するドナルド・トランプが最高裁の多数を占めた今、ついに始まろうとしていると、国防総省情報筋は言う。
検事総長ジェフ・セッションはすでに特別検事である、ユタ州の米連邦検事ジョン・フーバーと会談しており、57,000件の訴追が開封される可能性が高いと、同筋は説明している。

最高裁判所におけるカバノーの就任は軍事法廷同様にFISAの機密書類や他の記録が解放されることになると、その筋は言う。
さらに、「上院は911文書の機密解除を求める決議を全会一致で承認したので、シオニストと深層国家を引きずりおろす段階にある」と彼らは付け加えた。

これらの犯罪のもう一つの面は、不正国家イスラエルに対する米軍/ロシアの軍事行動である。特に「ロシアは、サムソンの選択を時代遅れとし、核拡散防止の唯一の選択をすることで、イスラエルの飛行禁止区域を貸すことなく大陸弾道や他のミサイルを発射させないことを目的としている」と国防総省情報筋は説明する。言い換えれば、イスラエルはもはや米国の悪魔を保護sるうために核脅威を使うことはできない。また、バチカンのP2情報筋は、イスラエル首相のベンジャミン。ネタニヤフは速やかに逮捕されるか殺されるべき大量殺人悪魔であることを確認している。

米国とロシアはまた、イスラエルにその犯罪的活動を止めさせるためにイスラエルの海陸封鎖を課す検討をしていると、彼らは続けた。

情報筋は「米国は血の10月を宣言した」というメッセージをつけてこの写真を送ってきた。

国防総省情報筋はまた、「徒党は潜水艦と水中基地のほとんどを失い、国防長官ジームス・マティスと海軍参謀長ジョン・リチャードソンにリシンを送り報復しようとしたのかもしれない」と言っている。

国防総省が言及したことは、金塊の保管のために地下倉庫を持つクリントン逃亡住居の破壊であったと、インドネシアの情報筋は言う。
最近、インドネシアを襲った津波としてニュースに現れた破壊であり、ワシントンポストに掲載された専門家でさえ「それは尋常な出来事ではなかった:とシンガポールにある地球観測所の上級研究員のアダム・スィツアーは述べた。「この地震は警戒システムの限界を超えていた」

https://www.washingtonpost.com/world/asia_pacific/not-a-straightforward-event-how-multiples-disasters-stunned-experts-and-ravaged-a-corner-of-indonesia/2018/10/06/ 4394e20c-c967-11e8-b2b5-79270f9cce17_story.html?noredirect =の&utm_term = .bcd818737a73

ここに、CIAによる真実の説明がある。

「クリントンはフリーポート者のグラスベル鉱山からの金塊を支配していた。クリントン財団/クリントン・グローバル・イニシアティブはパプアの事務所で簿外金塊の販売からの金を洗浄する方法であった。

「クリントンは何年もの間、インドネシア軍の特定の派閥江尾取引を行ってきた」その人たちがそれのアクセスを支配している。

「中国人がそのすべてを確認でき、唯一の方法は津波であることを知っていた」津波は中国人によって起動された。

科学的に言えば、津波は不可能であった。全てが注意深く行われ、欠陥のある技術と奇妙はスキュー核誤差まだ遡ったが、このすべり角度の誤差は奇妙であり、自然の物ではなかった。
通信システムが操作できるので、三番目の津波は見られなかった。この津波警報システムは2004年のクリスマス第三次の後に開発されて以来、機能していた。

可視スペクトルに色を持たない目に見えないレーザーがあり、EDW(直接エネルギ兵器)を越えるEDWであった。中国軍は賢明で、彼らはDEWを検知されなかった、それが良かった。
これは中国の目に見えないレーザー衛星からの直接攻撃で、クリントンの逃避住宅、そこに住む取り巻き連中と地下倉庫が襲われた。不幸にも重大な副次的被害があった。

CIA筋によれば、破壊される前に、このクリントンの隠れ場所が襲撃され、特別資金500億ドル(先週報告の2憶7000万ドルではない)が押収されたと言う。破壊された複合体のgoogle earthのスクリーンショットは以下の通りです。

金は、インドネシア政府高官のうち、ジュスフ・カッラ副大統領とトランプの軍事部を含む内相のグループ間で、「金は分裂している」とその情報筋は述べている。だから、将軍が彼らに派遣された理由を今知ることになる。

また、CIA情報源の一人に関する情報を読者に提供できる。彼は1965年から1985年にかけて、米国大使館からジャカルタで秘密情報サービスを担当していた。
彼がそこにいた時、彼は私にジャカルタに20人のアメリカ人が永住していると語った。彼らは全員、大使館の掩護の元に働いていた。これは引用である「我々のティームはスカルノ大統領の力を削ぎ、スハルトに権力を与えた」

「彼のティーム、ラングレーの本部と他のアルファベットの機関はスハルトがPKIと呼ばれる100万人のインドネシア系中国人を殺害を助ける手段となった。それはよく計画され、そしてオーストラリア政府も参画し、企てられた大量虐殺に深く関与した。その時すでに、スハルトはフリーポートの支配権を機関他に手渡し、今でも十分である。

私は何故それを実行したのかと、無鉄砲者に聞いたら、彼の答えは、
「それは私の仕事であった、私は米政府の為に働いている、そのときあなたは質問しなかった、あなたは消えた」彼は私に、彼らは食料がなく、ジャカルタからの全ての米に配給が中止されたので、ダジャクスとマラヤスはこの機器の最中に飢餓死したので、カレマンへ米を積んだ二隻の船を持ち込むことに関与したと語った。そして、さらに増やすために、ブッシュ家の上級者であった。彼は、古い警備員の一人であったが、多くは残っていなかった。

(スハルトが中国人虐殺の協力のオレイにフリーポートの権利を渡したと言っている)
最後に、南極の秘密基地につながる我々の情報源(彼は南極探検のリチャード・バード提督の親戚)が我々のところに戻り、本当に不思議なことがそこで起こっていると主張している。

「南極はワームホールを開けて、そう、そこは多次元への入口があり、南極とその周辺に極端な時期的変化があり、文字通り空間の新しい構造を破壊している。それが全てのこれらの政府指導者達がそこへ行った理由であり、彼らは大衆から南極を遮蔽した。大衆は南極の5%しか情報を得ておらず、あなたはその側にいる」

この情報源は、Scientific Americanなどの評判の高い出版物でさえ、「南極の凍結地から来る不思議なものがあり、我々が知るように、物理学を破壊する可能性がある」と報告している。

https://www.scientificamerican.com/article/bizarre-particles-keep-flying-out-of-antarcticas-ice-and-they-might-shatter-modern-physics/

我々は、今年の南の夏に南極を訪問して、底で何が起こっているかを直接読者にお伝えする。ワームホールのゆな異常が本当にあるならば、少数の指導者達ではなく、地球前端の人々に教える必要がある。

ヴィンセンゾ・マザーラ、クルサダー・カバリエ、バチカンのフリーメーソンロッジP2のシニアメンバーは、人類が箱舟の艦隊を建造してうちゅうに進出する準備が整っていると述べている。
いつものように、このような問題に対する私の反応は、それを見たときに信じるです。現在、白龍会は貧困を解消し、環境悪化を止める大規模キャンペーンに数兆ドルをかけるべく働いている。(その金はどこから持って来るの?)


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村




スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (419)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
35位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
9位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん