嗚呼、悲しいではないか

フルフォードレポート英語版(5/22)

守旧派は単に金融システムの引き渡し拒否しているだけなので、置き換える必要がある。

世界金融システムをのとった守旧派の人々は、ドル、ユーロと円を製造するプロセスの支配権をこの惑星地球の人々に譲ることを頑なに拒否している。天皇に近い情報源によると、ロスチャイルド弁護人でモサド代理人のマイケル・グリーンバーグが先週、日本の天皇を訪ね、彼と彼の仲間のハザールギャングのために無制限の資金を要求したことが明らかになった。グリーンバーグはまた、既知の大量虐殺犯罪者の最優先リストに戻ってきたヘンリーキッシンジャーの代理であると主張した。天皇はグリーンバーグに怒りを抱き、彼と彼の奴隷の日本の首相安倍晋三と金融相の麻生太郎に対してこの惑星の人々の為の資金の放出を阻止したと非難したと、その情報源は付け加えた。
このことは、新時代を始め、惑星を開放するために、二つの踏み込んだ攻撃が必要なことを示している。一つはハザール暴徒が最終的に降参するまで、守旧派のリーダーを一人ずつ排除し続けることである。もう一つは、金塊に担保された仮想通貨や非ハザール通貨と言った新金融システムへの変更を、旧システムがブドウの木を枯らし、歴史の堆肥の山になるまで、続けることである。この二つの踏み込んだ攻撃はすでに完全に進行中である。しかし、今の大きな疑問はフランシス法王がやろうとしていることである。科学的犯罪調査によると、我々がTVの映像と公に見る世界の指導者たちはバチカン銀行やプロの暗殺者ネットワークを通じたP2フリーメーソンロッジによって支配されている。言い換えれば、ほとんどの世界の指導者たちは銀(賄賂)が鉛(銃弾)のどちらかの選択を示されると、バチカンの銀を選択している。一方で、信じられないほどの秘密の力を持っているフランシス法王は、バチカンの小児性愛を排除する一方で、本当の記念日(すべての債務の帳消し)のようなものを行う基礎的なレベルでシステムを変更することに失敗した。
我々が長い間持ってきたある情報に対処しなければならなくなった。それは何をもたらすか判然としないが、フランシスは公に彼の神はルシーファーだと述べた事実である。

https://newsgru.com/lucifer-is-god-declared-by-pope-francis/

西側軍産複合体の名目代表の米大統領ドナルド・トランプが世界の3大一神教の聖地アラビア(メッカへの立ち入れは許可されなかったことに注意。(さらに注意:メッカには異教徒は入れません))、エルサレム、ローマへの訪問を実行するときのルーシーファー神の役割は何なのか?問題はトランプの旅は旧体制(ルーシーファー?)を救おうとしているのか?それとも、黄金時代の幕開けのようなもっと歴史的なものを目指しているのかということである。

国防総省情報源は、トランプが今週末サウジアラビアにいる間に、3,500億ドルの武器取引は別として、サウジアラビアにアメリカ株式会社とその石油ドル体制の崩壊を防ぐために、米ドルで石油を売るように要請した。しかし、トランプのサウジ旅行は中国元や非ドルやさらに東の通貨による石油の売却を止めることはできなかった模様だと、国防総省情報源は言う。

トランプは彼が約束した演説でイスラム指導者達にゴマをすった:
「米国は友好、安全保障、文化と商売の密接な結束を熱望している。我々は抗議をする為にここにいるのではない、我々は皆さんに、どう生きるかや、何をするか、どうあるべきか、どう崇拝するかを話すためにここにいるのではない。その代わり、我々はパートナーシップを提供するためにここにいる」

米国にとって残念なことは、花を見せて、今後は決して仲間を傷つけないと約束している永年の家庭内虐待と見えたに違いない。

彼の演説において、イランに対するトランプの脅しとシリアに対する根拠のない告発は、美辞麗句にもかかわらず、アメリカ株式会社は全く改革の望みがないと言う事実を浮き彫りにしただけであった。ISISがハザール暴徒が作ったものであることに言及しなかったのは、彼の演説が誠実ではなかったもう一つの兆候である。

しかし、米国内のホワイトハットは訴訟中である。トランプの婿ジャレット・クシュナー(非ユダヤ人はどれでなければならないと信じている)は(トランプが公表した)110億ドルのサウジ武器取引の為の違法な賄賂にまで及ぶ可能性があり、非登録のイスラエル代理人として交渉したり、イランを脅すために核兵器を供給しながらの110億ドルのサウジ武器取引の為の違法な賄賂にまで及ぶ可能性があるFBIロシア調査の下にある。

また、特別弁護士の元FBI長官のロバート・ミューラーは、隠蔽に関与しており、911に先立ち一週間前に(元大統領ジョージ・W)ブッシュによって就任したので、解雇されるか、911の真相究明を強制される可能性がある。

イスラエルのサイバー指令部隊8200は大型旅客機を乗っ取り事故を起こさせるためにラップトップを開発した可能性が高い。その結果、米最高将軍ジョセフ・ダンフォードがNATO軍トップと同じ問題を協議するために会って、米露協力に到った。

加えて、米国内ではFBIは、前長官のジェームス・コミー、ヒラリークリントンとバラク・オバマと言う仲間の排除と言う大規模な排除を進めていると、国防総省情報源は言う。この一環として、コミーのオフィスから全てのファイルとテープが押収されたと、彼らは言う。

アンソニー・ワイナーやフーマ・アベディンのようなクリントンの元側近と同様にジェームス・コミーはヒラリーとワシントンDC内の小児性愛ネットワークに対する国家の証拠を消すための交渉をしていると、彼らは言う。次に、クリントンは彼女のボスを裏切ることになり、そのことが最終的には深層国家を打倒することになるかもしれないと、その情報源は言う。

我々の長期にわたる調査は、その足跡はBISやこれらの機関を支配する古代血統家族だけではなく、ローマとP2フリーメーソンロッジに通じることが分かっている。

これは我々を、自白したルシーファー崇拝者法王フランシスに戻します。彼は当に悪魔崇拝者の為の素敵な表看板雇い人ですか?千年の間彼らを密かに支配した一神教信者の振興と古代血統は、世界の他の人々と和解するのでしょうか?

これまでのところ、真に不思議なやり方で、落雷はバチカンとメッカを攻撃しました。エルサレムへの攻撃がいくぶん遅れているのでしょうか?

いずれにしてもトランプのサウジアラビア、イスラエルとローマへに訪問は生き残りの為の旧体制による最後のマーケティング努力か、一神教世界における本質的な改革を意味するものだろうか。旧血統悪魔崇拝家族が表に出てきて、真実を語り世界に許しを求めるだろうか?我々は今月末にはさらに多くを知ることになるかもしれないが、期待もしないで下さい。

ハザール暴徒はまた、以前より非常に頻度は減ったが、ウクライナ、中東やその他で問題を引き起こしている。インドネシアの白龍会によれば、最近インドネシアで雇われ暴徒が宗教暴動を起こそうとしたというトラブルがあった。雇われ暴徒の背後にある財政的痕跡はハザール人支配のフリーポート・マクマラン鉱山につながり、演出された暴動は金塊を搾取する当に企みであったことが明らかとなったと、その情報源は言う。

現状に関するインドネシアのWDSからの報告書は以下の通りです。

「最新の情報は、私が地元の情報接触者から知らされているように、ソロス組織とその系列によって資金提供されているFPI過激イスラム派はポンシアナク市の主要道路の脇に止めてあったダヤークス所属の乗客が乗ったままの二台のバスを急旋回させた。これはハザール人、シオニスト徒党の作戦であった。インドネシアの国民を分断し、そこから入り込み、ショーを買収する。私は、彼等が写真やビデオと撮っている間に、黒いサングラスをかけ、ダヤクと混ざり合っている白人の西洋人が多くいたことも聞いている。

いずれにしても、古いアラブの諺が言うように「犬は吼えても、キャラバンは押し寄せる」そしてハザール人や徒党の一神教の指導者が何をしようとも、必然的な惑星の変化は広がり続ける。

ロシア、米国と中国で統制を主張する軍事指導部は、中東、北朝鮮とウクライナで何が起こるか多かれ少なかれ思いついた。彼らは、ハザール宗教狂信者による第三次世界大戦とハルマゲドンを始める全ての企みを確実に失敗させるであろう。

だから今、現実の世界ではインド/中国の関係の将来は対処されるべき次の大きな地政学的問題になるであろう。インドは今月初めの中国の一帯一路パーティをボイコットすることにより、地政学的な手を終に上げた。表面的には一帯一路がインドが隣国であり対抗者のパキスタンと紛争する国境を通過させた主要輸送ルートを呼びかけたからである。しかし、基本的には中国が地政学的スポットライトを浴びているので、インドは嫉妬して無視している。

事実、インドは間違いなく次の大きな超大国になるだろうし、いつの日かライバルになり、中国を上回るかもしれない。次のリンクの地図とグラフを見て、理由を見てください。


http://www.zerohedge.com/news/2017-05-19/mapping-worlds-population

http://www.prb.org/images12/china-india-population.gif


最初のグラフは人口に関してですが、14億人の中国に13億人のインドが続いている。さらに重要なことは、二番目のグラフは、インドの人口の41%が20才以下であり、急激に成長しているが、中国の人口は急速に高齢化しており、縮小に向かっている。インドはまた、急速な経済成長を経験しており、その経済影響力は人口統計上の影響力にまもなく合致することを意味している。次の段階は12億人の急速な人口増加を伴うアフリカである。

これらの全てが意味するところは、東アジアと西側は新世界構築を交渉する一方で、将来のトラブルを避けるために、アフリカとインド等の新興勢力は公正に受け入れる必要がある。


------------------------------------

今回のレポートにはJapanese Military Intelligence Serviceなる言葉が一切使われませんでした。

これは白龍会の情報を掲げる時に使われていた言葉です。この組織は一体なんでしょうか?日本人も知らない組織です。自衛隊内の情報機関を言っていると推測するしかありません。白龍会は日本の皇室の一部と右翼が作った秘密結社で「貧困を止めて環境破壊をとめて能力主義の・・・・・・」ときれいごとを言っているが、世界覇権を取らす言って中国を担ぎ、逃げ場を失ったロスチャイルドを中国に取り込んで規制勢力に代わって自分達が寡頭制力になろうとしていた連中です。ヒラリーに取り入り、金塊を買占め中国はその気になって全てのドルは中国が裏打ちするとまで豪語していたのですが、ヒラリーが勝てずで、支持が広がらず、ロスチャイルドは追い込まれ、結局金塊のたたき売りが始まり、そのセールスマンをフルフォードさんがやってました。涙がで出ました。この男も金に転ろんだと。


さて、今回はトランプについては全て良いもんかも知れないし、悪者かもしれないというしつこい書き方をしています。先週号まではトランプはあちら側に転んだ男と非難し続けていました。やっと目が覚めたようです。信用を挽回するのは容易ではありません。「青い目のサムライ」と言われた頃を思い出してください。


天皇と言うのはドルの印刷機を持っているということでしょうか?前からの疑問です。(答えをくれないのよね)

板垣ブログとほぼ同じ内容になってきました。よいことがどうか?




励みになります、こちらにもクリックを
人気ブログランキング


スポンサーサイト

コメント

日本の右翼と皇室にそんな力はないと思います。
明治天皇はそもそも英国がすり替えて乗っ取ったようなものですからね。日本の皇室なんて英国王室の産物という位置づけでしょう
今の日本にベンジャミンを守れるような右翼なんていませんよ。
白龍会は明の時代の子孫の中国組織だとベンジャミンは言ってましたよ。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (115)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
31位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん