FC2ブログ

嗚呼、悲しいではないか

海兵隊はラングレーのCIA本部に上陸したのか?

海兵隊はラングレーのCIAに踏み込んだのか?
2017年11月20日


私が2017年11月18日にジョージ・ウェブのyoutubeチャンネルで私がコメントしたことを報告した。そこで私は海兵隊が我々の大統領を保護していると述べた。私は展開している様子を読んだり聞いたりしていたことについて私自身で確認が取れるまで待っていたので、私はそれ以上の情報を取りに行かなかった。


エイプリル・ラジュンが彼女のyutubeチャンネルに出場して、海兵隊がラングレーに着陸したことを確認した。彼女は情報源の名前を言わなかったが、私はそれはハル・ターナーであると確信している。私はどのように彼女が見つけ出したか知りたいと思う。


いずれにしても、まず明らかにしましょう、我々は海兵隊がそこ行った理由、何人が飛行機から降りたかを知らない。我々はチェックするために多くの情報源があり、彼ら全ては、土曜日にラングレーで実際に起こったことには異なる考えがある。ハル・ターナーの情報はさらに深いようであったが、我々は違う情報厳を探索する。結局、実際に何が起こったかについて、自分自身の結論に到らなければならない。おそらく数日進むと、さらなる情報が出てくるだろう。


ハル・ターナーが誰だか知らない皆さんの為に、私は彼が一時期FBIの為に働いていたと簡単に紹介します。ほとんどの元情報職員は彼らの生涯を通して調査員との繋がりを持っている。だから、彼等が注意を向けて欲しい時は、彼らの話を聞く。彼等があなたに話そうとすること軽視するな。


他の素晴らしい情報源は、最近youtubeチャンネル Victurus Libertas VLに出ていた元CIA情報職員ロバート・デイビットであり、そこで、彼は起こっているトランプ・クーデターについて語っていた。情報戦争はまた、ウォールームのゲストスターのスティーブ・ピーゼニック同様にクーデターについて語った。フォローすべき他の元情報職員はCIAの内部告発者で不法にアメリカ国民を監視したり、使われた他の戦術を暴露したりしているウィリアム・ビニーである。


今、誰もがラングレーへの海兵隊の着陸はクーデターを反クーデターに変えることに関係していると仮定している。我々はこのことを事実としては分かっていない。彼等が実際CIAで行ったことは極秘です。ハル・ターナーが最近彼のブログで述べたことは、彼は何故?実際何人が?かは分からない。彼らがそこにいるのは不自然であると言うことだけである。


今、トランプが海兵隊をそこへ送ったか、そうではないのか・・・我々が知っている一つのことは、米軍は文民統制されているものと思われると言うことです、つまりそれは米国大統領が軍を制御していることを意味している。彼等が厳格に軍の司令官支配下にいると思っている貴方へ助言です・・もしそれがそうであれば、軍事独裁者になるだろう。米国の大統領の命令に従わない士官は反逆罪を犯しており、戦時中であれば、反逆罪で起訴される。第二次世界大戦中のマッカーサー将軍の命令の終了が一つの例である。大統領トルーマンはこの決定に寛大であった。


他のフォローすべき良い情報源はベンジャミンフルフォードである。彼はラングレーでCIAへ侵入した海兵隊はCIAが運営するMockingbird作戦を引き下げるためにクーデターであり、彼の情報源はNSAから来ていると述べている。


彼はこれをアメリカ人がインターネット、グーグル、フェイスブック等を通じて与えられている対規模メディアマインドコントロールと例えている。Infowarsはここ数日、Infowarsが検索されたり述べられる度に、デスクトップウェブブラウザ上の事実チェックサイトを押すことで彼らのマインドコントロールによってどのように調子が悪くなるかについて話されていた。


ハル・ターナーのラディオショーで更新があり、そこで彼はラングレーで海兵隊が着陸したことについての彼の報告についての誤解や思い違いを解消しようとしている。私は私がリンクした彼のサイトを訪問することを推奨します。彼らは、30分間続いた海兵隊のヘリコプターを聞いた近所に住む住人であることを思い出してください。彼等が実際に着陸したかどうかは別の問題である。他の良い情報源アリスと不思議な国を参照したわれらの大統領によるトゥイートについて話したシモン・パーカースである、彼はトゥイートは上がると共に引き下げられたと主張している。


その全てを言って、大統領トランプが、この国に入ってくる麻薬を取り除くために米国のオピオイド中毒問題を主要最終戦課題にしたことを忘れないで下さい。我々は、CIAが前政権ではアフガニスタンのアヘン生産についてたの方法を見てきたことを知っている。何故彼らはこれをしようとしているのか?単純に、彼らはその生産に関与している、それが私の意見ですが。しかし、ワシントンポストによって報道されているように、パズルを組建ててみると、米軍が今アフガニスタンの麻薬検査書を爆破していることを知って、このれらの攻撃は11月19日に始まって、おそらく、当におそらく海兵隊はラングレーのCIAにメッセージを送った。さらに読むと、ICCの検察官はアフガニスタンの米軍とCIAに対する戦争犯罪の申し立てを調査している。


このことがこの報告書の結論を私達にもたらした。以前に私が言ったように、大統領は正式の選出され、彼は我々の大統領である。我々はQAnonの4chへの投稿を信じているかもしれないが、他の人は信じてはいない。私が知っている全ては、我々大統領は支配権を持っており、アメリカ市民を守るために彼が任命した最高の軍隊に囲まれているということです。このために、私は寄る安心して眠れる、そしてあなたも。我々の大統領、軍と米国に祝福を!



---------------------------------------------------------------
本件はアメリカのブロガーの何人かがアップしていますが、ほとんどが短文で文章も同じです。誰かを元に転載しているようです。皆さん自信なさげ、写真の一枚もない。やがてもっと情報が出るだろうとか、、、、確認が取れていないようです。少し眺めのブログを約してみましたが、上述の通り中身はありません。「海兵隊のヘリコプターの音を30分以上聞いた」近所の住民の話が元らしい。彼等が実際に着陸したかどうかは別な問題だとまで述べている。人の心に取り入った迷惑な話かもしれない。そのうち追加の情報が出るだろうと言うだけで、出てこないかもしれない。今の段階ではなんともいえません。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村


スポンサーサイト



コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (533)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
31位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
9位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん