嗚呼、悲しいではないか

もっと南極の情報が知りたいが・・・・

南極の不思議:奇妙は軍隊-科学者作戦;基地への攻撃:誰かその力を見せ始めたのか?
http://beforeitsnews.com/conspiracy-theories/2016/12/the-mystery-of-antarcticathe-strange-military-scientific-operation-the-attack-on-the-station-who-started-to-show-his-power-2478762.html
我々は国立科学財団(NSF)の内部通報者からいくつかの興味ある情報を得た。最近、代替ニュースのポータルサイトや我々の内部通報者から得た多くの情報が相互に関連している。そして、それはすべて南極に至る。
より正確には、最近、神秘や出来事がそこで起こっている。

一般の市民には、この情報はほとんど届かない。それはすべて秘密とマークされている。
我々はすでに光の当たっている情報は扱うことはなく、新鮮なもののみを話す。
ANP12月7日によると、南極で非常に不思議なことが起こっている-Military.comレポート。
「作戦極低温」は60年間続いている。
ライフサイエンスの新しい記事は、南極の氷の中に巨大な70マイルの長さの隙間を空けたと報告している。少なくとも300マイル以上のフットボール上の幅があり、海水面か1/3マイル以上に掘り下げ、我々は亀裂が氷棚全体に広がって、それは2,400マイル平方のデラウエア州の大きさの氷山を創り出すだろうと聞いている。
そして現在、Military.comは彼らが「作戦極低温」という米空軍の南極における重要使命について我々に話す新しいストーリーを公開している。一体、そこで何が行われているのか?
我々はこのストーリの中で、この作戦極低温は60年間続けられていると聞いている。
これに我々か今日利用可能な情報を加えてください。科学者はこの異常を引き起こした理由を言えない。NSFの内部通報者によると。このプロセスには恐ろしい音が伴う。
科学者たちがこの亀裂を見に来るが、私にはそれは人口的という印象を持った。
あたかも未知の力が氷河を神のように裂くかのように。
しかし、このプロセスはかって科学者たちが聞いたことも、説明する言葉もない、奇妙で恐ろしい音を伴う。
大衆は地球温暖化の結果だという説明を流す。
ANPのメッセージに戻る:
奇妙な発表が軍隊から来た。彼らは作戦極低温という米空軍の南極における使命について話した。
そこで実際何が起こっているのか?我々はこの作戦が60年間続けられていると聞いた。
クエールから、我々は、最近の南極周辺の出来事に関連して、多くの人々がそこで失われた古代の高度技術を発見したことに変な疑いを持っていると聞いた。何故、南橋大陸へのこのような大きな関心が近年生まれたのだろうか?おそらく我々は、依然として隠された秘密を含んでいるかもしれない南極のこれらの古代ピラミッドについて思い当たるかもしれない。
だから、軍は南極の長く封印されていたそれらの存在を開いた。
しかし、これはほんのわずかの真実である。
我々は、南極の氷の中の秘密の軍事基地について語ったり、彼らが60年間行ってきたことを推測するために、ここにいるのではありません。
我々は今日に興味がある。そして今までのところ、国防総省の情報源からの情報によると、今年の初めに、一つの方向(南極)を向いている特別の秘密部門が設立された。
ここ数か月、この部門の仕事が増えた。それは誰にも知られていなかった。そして今月に、部門は南極における軍事と科学的作戦を指揮する兵士と科学者のチームを結成した。
世界の各地から様々な分野の科学者を呼び寄せ、アメリカの情報機関のために働くという非常に奇妙な作戦である。
この分野で彼らが探検するものはなにか?誰から守るべきなのか?

競合する情報を受け取った。
そして古代の強力な文明の遺跡を発見した。古代ピラミッドの剖検。そしてナチ基地について。そしてエイリアンの基地について。強力な爬虫類の種族の代表である南極の守護者、その南極の基地と彼らが人々を監視し、地球上で起こっていることを制御する方法。そして彼らが地球の指導的政府とと接触する相手。
しかし、なぜか最近、それらは敵意と攻撃性を示すようになった。
我々は真実が何か、作り話が何かを知らない。

しかし、最近、南極では何か不思議なことが起こっていることは事実である。そしてその周りで出来事が蓄積し始めていることは、事実です。
そして最終です。我々が最初で書いたように、我々は国立科学財団の内部通報者から興味ある情報を受け取りました。
昨日、ある地点から南極へ向かって、指向性のない理解できないエネルギーが2度流れた。アムンゼン・スコットの基地の機器は、最も強力な指向性エネルギー波を二つ抽出した。
科学者はその種類と源を決定できない。しかし、非常に興味深いことは一つのビームの方向はソロモン諸島の方向を示し、もう一つはカルフォルニアの方向を示している。
しかし、昨日の強力な地震を想定すると、その方法では、人の犠牲に至ることはなく、警告と力の誇示なのか・・・


-------------------
イライラがつのるばかりですが、このレポートで知りえたことは以下の通りではないかと思う。
・空軍の「作戦極低温」とやらは60年間も続いている。
・大きな氷河ができるらしい。(そのために亀裂を作っている?)
・今月、南極に関して、軍隊と科学者による秘密のチームが結成された。
・なにか不思議な光が南極に届いた(ソロモン諸島とカルフォルニアから)

以上であり、ストレスがたまるばかりの南極でした。
今、南極に関するものが非常に少ない。久しぶりに出てきたものですが、中身は残念ながらです。まぁ、世の中もう少し落ち着かないと、無理かもしれない。

励みになります、こちらにもクリックを
政治ランキング
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (115)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
31位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん