嗚呼、悲しいではないか

フルフォードレポート英語版(7/31)

西側システムの失敗とその解決方法

読者へのお知らせ
私の年次休暇のため、今後の二つの報告はそれを報告しなければならない予期せぬ出来事が私の休日を邪魔しない限り、事前に書いておいたものとなる。

今では、西側の指導力と政府システムにおいて何か深刻な間違いがあったことは、実際に頭を使っている人々にとっては明らかなことである。これは、永久的な戦争に陥っている一方で、1960台の後半から実質生活水準が低化してきている米国にとって、特に当てはまる。米国においては、支配者階級が、国民の10%以下しか議会やメディアを信用しないと言うレベルまで大衆を阻害してきた。怒りの中心的な原因は、支配者階級の下位グループ、私がハザールマフィアと呼ぶ人々が、人類を奴隷にして彼ら自身を支配者たちのように神に変える計画であった。

米軍と機関ホワイトハットがこれを理解し、ドナルド・トランプ政権でみられる行動をとった。しかし、トランプは破産企業の最高経営責任者(CEO)を引き継いだだけであり、一生懸命努力はしているが、避けることができない、正式に米国破産を宣言することを行っていない。つまり、それは破産していると言うことである。

米国は1976年以来、世界貿易赤字に陥り、累積貿易赤字は10兆ドルを超えている。米政府が19.1兆ドルの負債を抱えていることに加え、未払い債務は128兆ドル、すなわち米国のGDP18兆ドルの7倍である。そのことが、米企業政府が、その完全子会社のプエルトリコが1230億ドルのデフォルトで倒産した時の2017年5月3日に事実上倒産した理由です。
これが意味するところは、ドナルド・トランプがどんなに一生懸命試みても、最初に破産を宣言しなければ米国の問題を彼は解決できないと言うことである。

しかし、米国を破産させることは他の国を破産させるようには行かない。例えば、破産を宣言すると世界中の800ほどの米軍基地を米国が運営することが不可能となる。この著者が10年前に米国を破綻させると言う考えに同意するために初めてアジアへ行ったときに、米軍は代理人を派遣してきて、米財政が遮断されれば、中東のオイルのアジアへの供給を遮断すると説明した。これは数年にわたって続いたメキシコの崩壊に繋がった。

世界で最も強力な国々の間のこのような高いレベルのぶつかり合いに出会って、この著者は直接この惑星を運営している人々を見ることができた。以下の情報は、10年間にわたるCIA、NSA、P2フリーメーソンとっじ、MI6、アジアの秘密結社等と会合に基づくものである。

最近まで、デイビット・ロックフェラーがこの惑星地球の秘密のリーダーであった。彼はビルダバーググループ会議、外交評議会、三極委員会の議長を務めてきた。さらに、様々な基盤を通じて、フォーチュン500社を支配してきた。これに加えて、彼はイタリアの王女と結婚したので、カトリック教会とマフィアを支配するバチカンP2ロッジにも巨大な影響を与えた。ロックフェラーは彼の甥のビル・クリントンを大統領に変える力を持ち、失敗したが彼の娘のヒラリー・クリントンを大統領に変えようと非常に頑張った。

ロックフェラーを旧権力構造のNO.1とすれば、ジョージ・ブッシュはNO.2であった。ブッシュはCIAのほとんどと、年間2兆ドルの世界麻薬取引とほとんどの武器産業を運営した。彼の息子ブッシュ・ジュニアが2000年に大統領に選出された時に、911を上演することでロックフェラーを失脚させ、米国にナチ政権を押し付けることができた。

ロックフェラーは2008年に、ブッシュ・ジュニア大統領府が災難に陥った後、彼の家の奴隷バラク・オバマを大統領に据えて、支配を取り戻した。
しかし今、ロックフェラーの死は世界権力の頂点で巨大な空白を創り出した。ジョージ・ブッシュ・シニアは彼のナチグループの大量虐殺計画で広範な嫌悪感があるため、彼は支持を失っている。彼に近い情報源によると、彼は年老いているが明晰さに光るものがある。だが、ナチはすでに彼を総統と考えてはおらず、もはやNO2でもNO3でもあり得ない。ナチは今は、世界覇権を求めていないことは明らかだ。

だから、ロックフェラーの死とブッシュ・シニアの失墜は西側権力の最高位は誰にでも手に入ることを意味している。

米国の真空を埋めるべく動いたグループは、血統支配に反対し、フランス革命、米国革命とロシア革命を賞賛すると主張するグノーシス・イルミナティである。彼らは完成まじかである米国内の高レベル血統奉仕者の廃除に繋がった。彼らの上位者はエリザベス女王、フランシス法王とドイツ首相アンゲラ・メルケルである。欧州人は彼らの嘘の炭素地球温暖化原因説を使って、その実行に非常に近づいた。
同時に、彼らにとって成り上がりものの米国のライバルの凋落によって元気づけられて、欧州血統家族はロックフェラー、ブッシュの空白を埋めるために強力な圧力をかけた。彼らのトップにいるのはエリザベス女王、フランシス法王とドイツ首相アンゲラ・メルケルである。欧州人は、パリ協定を実行するために、嘘の炭素原因説の地球温暖化計画を使うことに非常に近づくことができた。このことは、彼らによって支配される世界政府を創り出すことになるが、中国に大きな権限を与えることになるだろう。

このグループの力は、G20の内19か国がこの詐欺を支持した6月初めのG20会合で証明された。しかし、グノーシス。イルミナティの支持なく、そして科学的根拠なくして、この炭素詐欺は失敗する運命にある。グノーシス・イルミナティはトランプ政権と米軍産複合体の両方を支配しており、彼らの代理人を使い、欧州の血統支配を攻撃し、現在米国内の彼らの排除はほぼ完了している。
しかし、今は法王、エリザベスとメルケルに代表される欧州王室血統家族と、トランプによって代表されるグシス・イルミナティとの間で睨み合いをしている。

一方アジアでは、中国は今代替エネルギ輸入網を構築しており、たとえ中東の石油が遮断されても操業を継続することができる。アジア同盟はまた、欧州をアジア・インフラ投資銀行と一帯一路の公共事業へ参加させることができた。さらに中国はアフリカやその他の発展途上国において莫大なインフラ整備を行っている。なによりも中国は米国の最大債権者であり、その気になれば米国を破綻させることができる。
もちろん、米国は依然として第三次世界大戦を始めるカードを持っているが、それを使うことは惑星を破壊することに繋がるので、米国側はロシアをキリスト教(白人)同盟に参加させようとしている。ロシア人を惹きつける為に、中東の半分と欧州(英国を除く)の覇権を譲渡した。米国はまた、依然として日本と北朝鮮を含む朝鮮半島を支配している。アメリカはまたひどくインドを追及している。
全体的な結果として、東西の間にはメキシコの膠着が依然として存在している。

この秋の重要な戦場は日本である。それは米国にかろうじて支払い能力を保たせている日本の郵便貯金、農協預金、個人年金等からの金である。しかし、安倍晋三傀儡政権は実際世論において10%以下の支持率しかない。第二次世界大戦の終結以来、米国占領当局が日本を支配するために使用した韓国の代理人にも驚くべきことに憤慨と怒りがある。6月の東京都議選で示されたように、次期総選挙においては長期支配傀儡の自民党は一掃されるであろう。

白龍会はこの秋には日本の政権交代を推し進めるために一生懸命努力している。目的はドナルド・トランプ政権はあまりにも遅すぎるので、米国の真の政権交代を強制することである。

第二次世界大戦後に設定された世界体制を、現在の人口統計と経済実態をより反映するために改造するのに必要なことは、米国の破産を公式に宣言することである。白龍会はまた、ハザールマフィアのような国際犯罪者が不法な戦争、略奪やその他の反社会的活動に従事できなくするために、世界は最低限の共通ルールを必要としていると考えている。白龍かはさらに、西洋とアジアの良質な象徴としての血統支配は能力主義と共存できると考えている。

白龍会は、祈年祭、一度限りの資産の再配分、惑星の大掃除の大規模キャンペーン、そして宇宙への拡大への体系的取り組みを初めとして、新黄金時代の始まりをサポートします。西洋中心を置き換えた新しいカレンダーも、新しい時代の始まりに役立つ。

-------------------------------------------------------------------------------------------
生活費もないと寒波を求めておいて、どこかでバカンスだそうです。

いつものように夏休み中は解説です。政治家の評価はころころ変わるので疲れますが、ここに書かれていることは、私も本当のことと思います。ただし、残念ながら詳細は分かりません。
例えば、
・グノーシス・イルミナティとトランプの関係
・エリザベスとフランシス、メルケルの実際の具体的関係
・日本の資金供出の実態、本当のこと
・パリ協定酸化の中国の本音と、反対する米国の本音
・それと、いつもきれいごとばかりの白龍会の本音
教えてください。
黄金時代に必要なのは、新しい中国式のカレンダーじゃないでしょ。

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

秋に日本の政権交代が行われる!
わくわくしますねー
エリザベス、フランシスコは悪魔崇拝側にいたが、立場が危うくなり、グノーシス派に寝返ったと以前ベンジャミンが言っていました。
パリ協定についても、実はあれはお金を分配するための分配率を決めていると言っていたのですが、、、
どうも疑心暗鬼になっているようですね。
グノーシス派が主導権を取らせてもらえなかったのか、はたまたエリザベス側が裏切ったのか
エリザベス側は、日本の天皇が持っている金塊(もともとアジア各地から略奪したもの)を元手にお金を刷ろうとしているが、陛下はハンコを押さないと言ってましたね。どうなったんでしょうか?
白龍会は独自の金塊を求めて南方の島に行ったと言ってましたね。
寝返ったと言われているエリザベス一味、やっぱり信用できないんでしょうね。エリザベスも情緒不安定になってるみたいですし、夫の小児性愛をバラされるし、エリザベスも悪事に関わってきたのでそうそう簡単に収まるとは思えませんね
ドイツに関してはあまりニュースがなく、不安定要素も聞こえてきませんね。ドイツはいつのまにかEUの盟主になっていて利益を得ている。米国奴隷で衰退する日本とは正反対ですね。

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (153)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
86位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
16位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん