嗚呼、悲しいではないか

フルフォードレポート英語版(7/24)

ローマへの道はメッカとエルサレムを通過する


サウジアラビアとイスラエルの不正国家はロシア、中国、国防総省とイランの同盟国から大規模攻撃を受けており、降伏する以外に道はない。そうしないことは今の時点で唯一の疑問である。これらの不正政権が降伏すると、彼らの指導部は彼らに命令を出している者を暴くよう強制され、彼らはローマとP2フリーメーソンロッジの黒い太陽崇拝者を指し示すだろう。これらは世界の問題の背後にいる自己任命のよからぬ社会工学者である。一度彼等が暴かれると、試合終了となり、世界平和に続く世界革命が起こるであろう。


911や福島のようなテロ行動の背後にいるP2フリーメーソン指導者達は、各方面から捜査網が迫ってくるのが見えるので、最近は心配症になっている。これらのテロへの彼らの関与に関するこの著者の検証された主張は今、ウィルスとなって広がっている。


http://themindunleashed.com/2017/07/former-mainstream-media-journalist-blows-whistle-911-fukushima.html


911の犠牲者の家族によるサウジアラビアに対する訴訟は重大な心配の種の一つである。それは、訴訟が必然的にサウジアラビアの秘密の西側の支配者につながるからである。例えば、英国では政権を奪取しようとする労働党は、英国に、テログループに資金提供するサウジアラビアに関する秘密の報告を公表するように要求している911犠牲者家族と連携している。テレサ・メイ首相の政府は、彼らは国家安全保障上の理由でこの情報は公開できないと言っている。


https://www.independent.co.uk/news/uk/politics/saudi-arabia-terrorism-report-theresa-may-labour-suppress-a7849271.html


彼等が本当に意味するところは、サウジアラビアの関与を暴露することは911における元首相のトニーブレアのような人々の関与を暴露することになる。


(会員のみ)

ところで、イランのモハメッド・ザリフ外相は英国のメディアで、世界のテロの94%がサウジアラビアに遡ることができる述べている。


http://ahtribune.com/world/north-africa-south-west-asia/1798-zarif-saudi-94.html


今一度言うと、サウジアラビアとその擬似イスラム教徒悪魔崇拝支配家族の背後を見れば、P2や彼らの黒い太陽が見えるだろう。
今、米軍はイランとロシアのサウジアラビアの国境と同様にシリアとイスラエルの国境に沿って配備をすることを認めており、そのことはイスラエル人を驚かした。


http://www.haaretz.com/middle-east-news/syria/1.802675


米軍は今、イスラエルとサウジアラビアの前衛であるダーイッシュを絶滅させるため中東においてその軍事力を集中させている。だから、米軍は事実上、イスラエルとサウジアラビアに対するイランとロシアの同盟そのものである。


一方トルコは、ロシアのS-400ミサイル防衛を購入しているので、シリア内の米軍基地の位置を公開している。国防総省情報源は、この漏洩は中東における米軍のロシア軍との軍事同盟を示すための行為として行われたと言っている。このことは、ドイツがトルコの空軍基地から軍を撤退させ、トルコに武器を売ることを止めたので、起こった。思い出してください、トルコは米国に続いて、NATO同盟の中で最大の軍隊を持っている。トルコの強硬派リジョップ・エルドガンは強い方に従ってロシアとNATOの間を行き来している。エルドガンがロシアの戦闘機を撃墜した後にNATOの支援を要請したのは、そんな昔のことではなかったことを思い出してください。


http://www.zerohedge.com/news/2017-07-19/pentagon-furious-after-turkey-leaks-us-base-locations-syria

http://www.businessinsider.com/turkey-agreed-to-buy-russias-s-400-missle-system-concerns-about-nato-2017-7


セルビア人がNATOの攻撃を防衛するためにロシアのミサイル防衛システムを求めていることも知っている。


https://sputniknews.com/military/201707211055753931-russia-serbia-s-300-nato/


また、米大統領ドナルド・トランプがドイツを「非常に悪者」と呼んだことを思い出してください、そしてNATO条約の第5条相互防衛条項について言及しなかったNATOの歴史上、最初の米大統領になった。国防総省情報源は、ドイツによってイスラエルに売られた潜水艦を沈没させることをどれだけ楽しみにしているかについて、長年語り続けている。また、ドイツはさらに3艦の潜水艦をイスラエルに売る計画を阻止されている。また、ドイツはオーストラリアに12巻の潜水艦を売る契約についてフランスの会社DCNSに敗れたと、国防総省情報源は言う。


今、ドイツ、イスラエルとサウジアラビアは共に十字架に座っているのが見える。これらの国々の共通点はなんでしょうか?彼らはP2フリーメーソンロッジを支配する旧ローマ家族を含むハザールマフィア血統家族によって支配されている。


最近のG20会議で、フランシス法王はドイツ首相アンゲラ・メルケルと共に、トランプが反対するパリ協定への合意を呼びかけていたことを思い出してください。パリ条約は実際は、彼等が権力に留まり、彼らによって支配される世界政府を作るために、おとなしい羊の牧夫として現れる企みである。だからトランプによるパリ協定への反対は血統家族支配の継続に対するグノーシスイルミナティの反対である。グノーシス・イルミナティは数千年に渡り、血統支配と戦ってきたと主張して、フランス、米国、ロシア革命を称えている。彼らの指導者は、彼らは今、血統家族支配に対する世界革命を推進していると言っている。


従って、最近のニュースに繁栄されていることを見ると、ハザール血統家族によってもはや支配されていない国(米国、ロシア、イラン等)によって攻撃されているハザールマフィア血統家族によって依然として支配されている国々(サウジアラビア、ドイツ、イスラエル)による西側における内戦の継続である。フランスもまた、ドイツとの同盟から抜け出しているので、フランス最高将軍ピエール・ド・ヴィリエを支援しているダーイッシュが解雇された理由であると、国防総省情報源は言う。明らかに潮流は血統支配国家に対して逆らっている。


米国内では、ネオコン・ハザールの召使は、トランプがその国に対して態度を変えたにもかかわらず、イランと契約を更新しなければならなかったので、大きな損失を被った。血統召使の廃除は戦争挑発の上院議員や脳に悪性腫瘍を持つダーイッシュの創設者であるジョン・マケインに続いてゆく。ジョージ・ソロス、デイビット・ロックフェラー、ズビグネフ・ブレジンスキー、クリントンや他の多くの人々が歴史のごみ箱に集まってきている。


血統家族は「それはロシアがやった」キャンペーンでこの目下の廃除に対して反撃をしている。つまり、先週前大統領バラク。オバマの安全保障顧問のスーザン・ライスは米選挙におけるロシアの介入に関する上院情報委員会で秘密の証言を行っていた。「ロシアの介入」はグノーシス・イルミナティに対するハザール血統家族のコードネームである。現在、議会のペット政治家(米国人口の10%未満で支持されている)は、戦争宣言に等しい制裁措置を新たに設けることを試みている。もちろん、米軍はこれらの買収された演技者を無視し、彼らは本当は彼らを検挙して、牢屋へ入れるべきである。そして牢屋は彼らにふさわしいところである。


もし、あなたが西側権力構造がいかに汚染されているかを知りたければ、ガンビノ犯罪家族の元統領のトニーガンビノとの37分間のインタビューを聞くことを強くお勧めする。


https://youtu.be/5tWv_yoandM


血統家族はイスラム教とキリスト教を混ぜ合わせて融合させることで一神教に統一することで神の仕事をしていると考えていると、私がインタビューした様々のP2関係者は言う。彼らはまた、ファシスト世界政府を作る一歩として、エルサレムから支配するユーラビアを作りたいと思っている。
彼らの計画は今は、アジアだけではなく欧州でも解明されている。日本では東京電力が福島の原子炉にもう一台のロボットを送り込んで、再び何も見つからなかった。それは、原子炉がメルトダウンしたと言う公式の物語は嘘であるからである。原子炉はイスラエルの会社マグナBSPによっておかれそこに置かれた原子爆弾によって吹き飛ばされた。これはCIAと国防総省が福島はP2の直接大量殺人攻撃で会ったことを暴露すると決めたので、やがて公に知れ渡る。


アジアの秘密結社のボスたちは、彼らがこの件に関して国防総省と合意しており、日本と朝鮮半島からハザールの影響を取り除くために来年早々に、必要とあれば戦争になるかもしれないと言っている。日本の地下世界はまた、この秋に安倍晋三奴隷政権対する革命を計画していると、複数の右翼情報源は言う。



------------------------------------------------------------------------------------------

いつものように唐突に始まり、先週号とは全く違う内容が何の説明もされずに書かれるので、ついてゆくのが大変です。よくよく吟味したいと思う。すんなりとは受け入れられない。

例えば、パリ協定は新金融システムを決める(環境問題ではなく)重要な条約であり、反対するトランプは悪者と決め付けていたが、先週今週号はトランプはよいもので(これはめでたしめでたしですが)、フランシス法王は悪者になっています。フランスのマクロンはロスチャイルドの手先だと言っていたが、よいものなの??どっち?


赤字のところの説明を頂けると助かるのですが・・・・・・



励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

コメント

いつも思うのですがただのガス抜きなのではないかな

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (196)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
60位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
13位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん