FC2ブログ

嗚呼、悲しいではないか

フルフォードレポート(2/25)

ハザールマフィアは皆殺しを避けるために最終戦でトランプ脅迫カードを切る

ハザールマフィアは、多くのユダヤ人を含むますます多くの人々が彼らの恐怖に目覚めているので、深刻なパニック状態にある。それが、彼らが米大統領ドナルド・トランプを米国共和国の復権を妨害し、軍事法廷の開始を阻止しようと脅してトランプゲームをしている理由であると、国防総省とMI6の情報筋は言う。

トランプは彼の義理の息子ジャレッド・クシュナーのチャバド計画(各ユダヤ人に2,800人のゴイム奴隷)を進めていると、その情報筋は言う。その結果、米軍諜報機関はトランプは進まなければならないという結論に至っている。

「ドナルド・トランプは国防総省の平時の大統領であるので、彼の周囲には軍事情報が大量に存在している。本当は我々は彼も一方も望まなかったが、一つにしなければならなかったので、ブッシュのものが通過することができたとは、高レベル軍事情報情報筋が説明したことである。その結果、バーバラ・ブッシュとジョージ・ブッシュ・シニアが反逆罪で処刑されたと、その情報筋は述べた。

しかし、トランプが再びブッシュ・シニア時代の検事総長ウィリアム・バーを検事総長に任命したので、彼は911の加害者やブッシュ/クリントン犯罪家族のさらなるメンバーを追いかけるつもりはないと読ませるサインを出した。トランプはまた、軍事裁判や他の裁判が前進することを阻止してきたと、国防総省情報筋は言う。

この著者を含む多くの人々が、トランプがアメリカの解放者になることを望んだ。しかし、トランプがジェフ・ボルトンのような過激なネオコン戦士とエリオット・エイブラハムのような有罪判決を受けた犯罪者を雇ったことは我々に、トランプは破損品であると気付かせた。

トランプ大統領に何か重大な問題があると言う新たな兆候が欲しいというなら、なぜトランプが核兵器技術をサウジアラビアの不正国家に移行しようとしているのかを自問してみてください。


https://www.theguardian.com/us-news/2019/feb/23/trump-cronies-secret-talks-nuclear-tech-saudi-arabia

国防総省の情報筋によれば、サウジアラビアの核兵器で、イランに対して核の世界大戦を始めるために、彼は彼のChabadマスターの側でこれを行っているという。

https://www.veteranstoday.com/2019/02/22/straight-out-of-dr-strangelove-analysts-slam-trumps-plan-to-trade-nuclear-secrets-with-saudis/

これらの不自然なトランプ行動の理由は深刻な脅迫である、とペンタゴンとMI6の両情報筋は言う。具体的には、彼らは、「トランプは子供の頭をぶちのめすフィルムの登場する」と言っている。これは、イギリスとアメリカの両方の軍事情報筋が確認するものです。

現在、公に公表されている裏付ける証拠があります。特にマイアミヘラルドは、有罪判決を受けた小児性愛者Jeff Epsteinを露出することによって、本当のジャーナリズムの仕事をしてきた。彼が所有するオルギー島にトランプが煩雑に訪問していた。現在、裁判官はトランプのアレクサンダーアコスタ労働長官が小児性愛の容疑でエプスタインを軽い処分で辞任させたときに法律を破ったと裁定した。それについて尋ねられたとき、トランプは言った、「私はそれについてあまり知りません。彼は労働長官として素晴らしい仕事をしました。それは昔のようです」


https://www.nbcnews.com/politics/justice-department/white-house-says-it-s-looking-acosta-s-role-jeffrey-n974586

https://www.miamiherald.com/news/state/florida/article226577419.html#storylink=cpy

ちなみに、これはトランプ氏がエプスタインについて語ったことです「彼は一緒にいるのがとても楽しいです。彼が私と同じくらい美しい女性を好むと言っている。そして、彼らの多くは若い女性です」

https://www.vox.com/2018/12/3/18116351/jeffrey-epstein-trump-clinton-labor-secretary-acosta

目覚めよ。トランプの輩はアメリカの正義を妨げる障害となった。

それだけでなく、彼は何十年もの間第二次世界大戦を始めようとしていた過激なChabad狂信者に公に参加しました。私の質問は、軍がなぜエイブラムス、ボルトン、クシュナーなどを逮捕し、彼らが属する場所で刑務所に入れないのですか?また、トランプが脅迫されているビデオを見つけて、辞任を強要する為に使用しないのはなぜですか。あなたはエプスタインに質問することによってその検索を始めることができます。

いずれにせよ、9/11のような問題についてのトランプの不自然な方向転回にもかかわらず、ペンタゴンの筋は彼がより低いランクの人物に対して行動を起こすことを軍隊に強いられたと言います。 「トランプが2017年10月に軍の将軍と会ってハーヴェイ・ワインスタイン、そしてラスベガスのカジノ王スティーブ・ウィン(ワインバーグ)、そしてCBSの巨人レ・ムーンヴス、そして今や億万長者ニューイングランドの愛国者のボブ・クラフトなどと暴風雨を浴びせた。 」

また、「ユダヤ人の犯罪者を支援するためのモサドスパイ活動は、Psy Groupの閉鎖、およびBlack CubeとPegasusスパイウェアの露出によって無力化されました」と国防総省情報筋は述べています。さらに、「同性愛者のボルトン下僕とイスラエル人ちょうちん持ちであるリチャード・グレルは国連大使として棄却された」と情報筋は述べている。

上級小児性愛者のカトリックの枢機卿の排除は、ハザールマフィアの小児性愛者の脅迫ネットワークが解体されていることを示すもう1つの前向きな兆候です。先週のD.C. のTed McCarrickの性捕食者の元枢機卿の聖職からの解職に続いて、有罪判決を受けた小児性愛者のバチカン銀行の元総裁枢機卿George Pellが解職される可能性が高いと、情報筋は言う。

トランプが今週、北朝鮮の有力者、キム・ジョンウン氏と会うとき、これについて議論することになるだろう、と彼らは言う。

アジアの秘密結社は、確かに日本の支配が中国に約束されていることを確認しています。彼らはトランプの選挙が行った唯一のことはすでにヒラリー・クリントンによって交渉されていたこの取り引きを遅らせることであったと言う。

サウジアラビアのクローン王子モハメド・ビン・サルマンが中国を訪問した先週、中国人から吸い上げているハザールマフィアの兆候が見られました。彼はそこに巨大な製油所を建設することを申し出ることによって、そしてすべてのサウジアラビアの学童に中国語を教えることを約束することによって中国からいくらかの賃貸料を得ることができました。彼はまた、中国のウイグル人イスラム教徒の強制収容所への配置を支持することにより、彼が偽のイスラム教徒であることを示した。


http://www.saudigazette.com.sa/article/559758/SAUDI-ARABIA/Saudi-Arabia-plans-to-includ%20%20e-Chinese-language-in-education-curriculum

https://www.aljazeera.com/news/2019/02/saudi-crown-prince-defends-china-fight-terrorism-19022310464714​​9.html

ユダヤ人たちがついにハザール人が彼らの最悪の敵であることに気づいたので、ハザールマフィアのサウジアラビアとアメリカの支店も中国の保護を求めています。まだ視聴していない場合は、米国の政府高官であるSteve Pieczenikによる、この短いYouTubeビデオをご覧ください。 Pieczenikは何年もの間私に何人の情報源が私に言っているかを独立して確認します:第二次世界大戦の間にアドルフヒトラーとナチスのために働いているユダヤ人は彼らの仲間のユダヤ人を殺しました。

https://www.youtube.com/watch?v=A0OVQHYCXyc&bpctr=1550881337

これらすべては、ユダヤ人をヨーロッパからイスラエルに強制的に連れて行って、そこにハザールマフィアのための王国を創造するための努力の一部でした。ユダヤ人がシオニズムの名の下に彼らに対するこの恐ろしい犯罪に目覚めているという事実は、ハザールマフィアを深刻な恐怖の状態にしました。これは、反シオニズムを刑事犯罪にしようとするロスチャイルドの奴隷フランス大統領エマニュエル・マクロンによる動きの中に見ることができます。

https://www.france24.com/en/20190220-macron-announces-measures-combat-anti-semitism-france-crif-definition-anti-zionism?ref=tw_i

https://www.france24.com/en/20190220-france-new-bill-equating-anti-zionism-anti-semitism-illegal

彼らの統治に反対する大衆の反乱を阻止するために抑圧を強化しようとしたら、誰かがルーマニアのニコライ・チヤウセスクあるいはイタリアのベニート・ムッソリーニに何が起こったのかについてマクロンに思い出させるべきです。

今週の最後のメモで、私たちは先週、 "Doctor" Zvonko Berdik-Albertの名で高級債を現金化しようとしたという私達の報告に関して多くの反応があった。アジアの秘密結社によると、アルバート博士は詐欺師であり本物の医者ではなかったという。彼らはある時点で彼が違法にPlum Blossom(Mei Hua)の資金にアクセスし、その結果「50近くの中国人将軍」が処刑されたと言っています。アルバート博士は処刑されたと言うのです。

しかし、債券のスポンサーは言って反論しました:

「彼はもともと間違った側にいましたが、それから彼の人生の最後の10年間は​​正しいことだけをすることに専念したため、カバールに狩られました。しかし、彼は善良な人で、信頼が人々の最善の利益のためだけに使われるのを見たかったのです。彼は彼の人生の最後の年にカバールに対して彼の足を置いた。我々は実権を握ったので、我々はその過去からの方向を変えました。 [入れ] A博士の代わりにスコットは純粋に人類のためであり、そして彼は過去10年間の間に良い戦いと原因と戦ってきました。私たちは、人類全体として、公正で公平なことをするだけです。」

この手段で現金にしようとした人々は誠実で善意のようでした。

しかし、債権への動きは、影響力のある真実の求職者に「人道目的」のために膨大な金額を提供することによって買収しようとするひそかな試みのようでもあった。もちろん問題は、秘密集団がその能力を使うシステムを永続させる為に、薄いお金からお金を生み出して賄賂や支払いに使おうとしたことである。

最終的な答えは、自己選択された少数のための神のような力の秘密の源泉ではなく、公的に有用なお金の創造と分配を公にすることです。



ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
冒頭のトランプ批判は、これはおそらく白龍会側が挿入したか、フルフォードを押さえつけたのかもしれない。前回もそういうことがあって、フルフォードは白龍会が勝手に挿入したと言っていた。釈明ではなく、従って原因対策もなし。前から、金で身を売ったジャーナリストと私は言っていた。
前回の事件の後は世界的にブロガーのフルフォード離れが起こった(今も続いている)。あるいは彼は信用できないが、各種情報は見るべきものがあり、確認しながら使っていると表明するブログもかなりある。今回も大きな動きがでるのではないか。フルフォード氏はどう対応するのだろうか。それで私は決める。
批判の内容は幼稚なものである
①チャバドと言うかユダヤ人の件は、今のイスラエルはバレスティナに返す。その代わりロシア領あたりに新ユダヤ国歌をつくる。その中心がチャバドになるらしい。米露共同で進めている話で、トランプ政権は息子のクシュナーがパージを受けたことをいいことに隠密で本件を進めていると聞いている。
②トランプでもブッシュでもどちらでもよかったという発言は意味不明。白龍会がだろうなぁ?
 所詮くだらない愚痴である。
③ボルトンとかウィリアムバーとか官僚の話。優秀な官僚のようですよ。
④トランプのビデオの話は大昔からあるのに、人に言わないで白龍会が騒いだらどうか?
何故ディープステート側は騒がないのだろうか?自分たちが作った捏造だろうと言われても仕方がない。
⑤911を始めとする軍事裁判は国家非常事態宣言が必要です。やっとここまで来た。これからでしょ、軍事裁判。Qの話でもそろそろのようですよ。

白龍会はP2と共同で新たな寡頭勢力になろうとしていただけです(何度も言っています)
従ってトランプからは全く無視されているので、トランプが憎くてしょうがない。つあmり悪人と言うことです。
私がトランプに騙されているのでしょうか?そのほかの人に騙されている可能性の方がはるかに高いと、今は思っている。
いずれにしても、フルフォードは信用はしていません。自己責任で。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
スポンサーサイト



着々と進んでいる(すごい実行力であるQ)

彼らは不正なヒラリーが負けるとは決して思わなかったので、 多くの壊滅的な過ちを起こした。権力を人民へ戻しましょう。
ロシアの共謀は嘘と判明したので、次は反逆者の裁判がいつ始まるかである。 トランプのツィートは 「ロシアによる共謀は不正なヒラリークリントンと民主党全国会議(DNC)によるものであった。そしてDNCがFBIへ提出を拒否したサーバーはどこにあるのか?代理人リサ・ペイジと彼女の愛人代理人ピーターSの間の新しいメールはどこ?我々は今それが欲しい」
https://encrypted-tbn0.gstatic.com/images?q=tbn:ANd9GcQmBsDXk9ELQExI1-H3-bk9qGr84UZ0TexX78nXjQ9zIhA-bVmFJg
ページはストラックに「(トランプは)絶対に大統領にはならないでしょう?」と送り、 ストラックは「いや、なれない。俺たちが止める」と返信した。 このメールを言っている。

Qは反逆者の裁判が始まると予言しています。(彼らがやっているので確信です) ヒラリーは反撃の土壇場メールを発信しているようです。何の効果もありません。危険を察知しているのでしょう。 ヒラリーメール「民主党の次期大統領候補に対するネガティブキャンペーンが始まっている」とお涙頂戴メールでしょうか?外国のエージェントがかかわっているとも述べている。本当にいつも同じパターンです。いままで同じパターンでうまくいっていたのでしょうね(反省)。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

藤原直哉2月時事解説・時局分析

藤原直哉2月時事解説・時局分析
音声はこちら

IMG_2095.jpg

(1)急激に世界が不景気になってきている
・短期金利は横ばい、長期金利は下がっている。
・長期が下がるのは不景気の証拠
・金融は引き締めない
・大きな破綻が出てから金利を下げるだろうが手遅れ
・年末年始の大暴落で金融経済の背骨が折れた
・不透明感が投資を控える

・世界的に人員削減の話が多い
・企業の景況下方修正が多い
・中国は大変
・半導体も車が売れないのでダメ
・ドイツも景気下方修正
・食品まで不景気
・急速に不景気はやってきている
・政治が変わっている

・早くビジネスモデルを変える(保護主義の中海外にはうまみがない)
・米では学生ローン(無担保)の支払い遅延が過去最高
・オンライン債権がやばい

・昭和のバブル崩壊と違って、個人に余裕がない
・中流階級に貯蓄がない
・米政府閉鎖の時、食費がない。
・奴隷のごとく働いてローンの返済をしている
・バブル崩壊を想定せずに政府や企業や家計を運営した結末

・今回は革命が起こるかもしれない⇒社会主義の台頭
・トランプの貿易戦争⇒アメリカ経済の回復のため
・アメリカドルを世界に投資して儲けるビジネスモデルはない
・雇用のため⇒海外の工場を米国に戻す
・アメリカへ輸出依存している国は被害が大きくなる⇒中国
・日本も自動車輸出のモデルは同じ

・中国の問題が片付きそうであるが、次は日本
・トランプは雇用を守ると言っているのに、日本はまだ輸出だと言っている
・輸出モデルはない⇒アジアは不景気になる⇒にっち戦略しかない
・日本は決して損ではない⇒産業構造を変えるチャンス

・大量リストラが起こる
・大量販売も危険
・世界的に不動産は価格が上がりすぎて買えなくなっている
・価格は下がるであろう
・売り手、銀行が危ない
・レオパレス21はバンザイだろう
・不良債権は最後に誰が損を被るか
・前回は米政府が一部引き受けたが、今回は受けるところがない
・銀行が倒産する可能性が高い

(2)恐慌の展開を考える
・明治政府は江戸時代の借金を引き継いだ
・日本の1千兆円の借金は10年国債の発行をしないとか
・体制をどうするか
・FRBも引き締めを考え直している
・英国EU離脱、中国問題
・中国の人民元にドルがついたので世界で通用できるようにした
・トランプはドルをはがしている(米中貿易戦争の裏側)
・人民元だけで世界に通用するか?
・世界通貨体制をどうするか(ドルは基軸通貨を降りたい)

・金融恐慌は始まっている(欧州、中国)
・国際金融を中国は理解していない
・台湾はうまくやっている
・日本もこのゲームに参加できないと意味がない
・いきなり円高になる

・金利と株価がリンクしている
・自己資本がほとんどない状況での急激かつ巨大な資産価値の下落
・バブル崩壊を想定せずに政府や企業や家計を運営していた結末
・バブル時代のリー台シップの総退陣

(3)社会主義が台頭しつつたる
・資本主義希望が減ってきている。社会主義が台頭中
・個人が手をつなぐ社会主義(輪をつくる)
・アマゾンがニューヨークの第二本社に対して市民が反対(社会主義の典型)
・人と話ができないリーダーは生き残れない
・下剋上。この緊張感が日本に伝わっていない
・エコノミスト誌の今週号の特集「若者社会主義」
・フランス、イタリア、米国に左派、社会主義者が出てきた
・腹をくくったリーダーが必要
・足して二で割るでは結論が出ない
・ともに作り上げるたくましいリーダーが必要
・株価は戻らない⇒株主は消える⇒従業員の時代へ
・所得の分配⇒企業の所有の問題

(4)日本の政治も流動化
・日本の政治は「統計捏造がもたらす政治破壊の迫力」
・公明党が怒っている(安倍支持では選挙をまとめきれない)
・内部分裂と真相暴露で溶解加速する日本の旧体制
・日本でも極右と左派の時代が来る
・日本もリストラが始まった

(5)世界は下克上
・テロ戦争の終結、冷戦の終結⇒英米の世界からの撤退
・ドイツと中国の共倒れ(ユーラシア同盟も沈没)
・多国籍企業は没落(自動車、IT)
・資源国の溶解(金を生かせない)
・ボトムアップと体制の流動化
・混乱の先に見える新しい時代をイメージできるか否か

私は悲観していない。
右向きのねじは巻き切った⇒極右主義は終わったと思っていい
中道右派(企業)と中道左派がしのぎ合う
相手の話を聞き、共に未来をつくれる人が出てくる

感情で政治は成功しない⇒安倍の失敗
バブル崩壊⇒双方をよく見て聞いて進めなければならない

IMG_2091.jpg

(質問の回答:質問はよく聞き取れない)

ロシアは怒らせてはいけない⇒金では動かない(米国とか中国とは違う)

日韓は難しい(歴史的に)
韓国は、米軍が帰るとユーゴスラビアになる可能性がある(内戦)
新しい関係を構築しないと戦争になるかもしれない

真相が暴露されれば、日本も米国のように国民が騒ぎ出す

オンラインショッピングは競争激化

日中は、経済関係をどう付き合うか重要な問題
中国はバブル崩壊でめちゃめちゃ⇒中国も一つではない
中国も日本に帰ってもらっては困る

ブロックチェーン(IT)、オーガニックに優秀な人が集まっている
マネージメントには優秀な人はいない


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

フルフォードレポート(2/18)

破産の米政府は浮上を保つために偽の債権を発行している

ワシントンDCの破産した米政府は偽の債券を発行することで破産しなかったふりをできたが、これらは阻止されると、国防総省、アジア秘密結社と欧州王室筋は言う。

2008年に、ワシントンDCのハザールマフィア傀儡政権は700トンの金塊を使用して75万トンの金担保債権を偽造し、23兆ドルを希薄な空気から生み出すことで破産を回避することができたと、CIA、国防総省、MI6他の情報筋は認める。その金は使い切っている。

今回は、彼らは殺された男「医者ツボンコ・バーディック(事実はコート・アルバート)の身分証を偽造して同じことをしようとしており、今回は中国通貨を使用する。偽造証のコピーは以下で見れる。

Dr.A_Owen Lennon authority Bedford.pdf 

インドネシアのCIA情報筋によると、ハザール暴徒はまた、欧州CIAのトップのニール・キーナンを殺害し、インドネシアの金塊を手に入れようとして失敗に終わった企みにおいて彼の身分証を偽造しようとした。

同時に、ハザールマフィアは中東の石油支配の崩壊に対する安全保障を買う企みとして、買収金200億ドルと共にサウジ皇太子をパキスタンに送ったと、国防総省情報筋は言う。しかし、パキスタンはイスラム教徒のふりをした悪魔崇拝ハザール傀儡に騙されなかったと、イスマイリ(歴史的なハシャシンあるいはアサッシン)情報筋は言う。

皇太子が保護を求めてパキスタンに行った理由は、米軍がサウジアラビアから撤退し、アラビアを再び彼らの指導者として正当のイスラム人を選ばせる事を計画しているので、所謂サウジ王室のほとんどは運命づけられていると、国防総省情報筋は言う。

一方、米国とカナダの複数の情報筋は先週の米大統領ドナルド・トランプによる国家非常事態宣言に続いて北米で行動を起こすために特殊部隊が召集されたと述べている。

国防総省情報筋は、「非常大権を持って、トランプは今、偽旗脅威を取り除き、徒党と外国代理人を逮捕し、海外基地を閉鎖し、陸軍工兵隊に壁を建設させ、軍隊を帰国させ、軍事法廷を国民的会話に持ち込むために各都市で軍事作戦を指揮できるようになっている」と言っている。

大量逮捕を可能にし、FISAの機密情報開示や情報廃棄に備える為に、トランプが国家非常事態を宣言する前に、連邦緊急管理庁執政官ブロック・ロングが解雇され、司法長官ウィリアム・バーが宣誓をしたと、国防総省情報筋は言う。ブロック・ロングは、ワシントンDC株式会社のプエルトリコ事業の破産を隠蔽するために使われた偽のハリケーン危機の背後にいた人間である。

情報廃棄の多くは、違法な製薬業界から巨額な賄賂を受け取っている政治家や黒幕に関するものであると、CIA情報筋は言う。すでに、麻薬王エル・チャポはヒラリークリントン、ナンシー・ペロシ、下院情報委員会議長アダム・シフ他が彼から麻薬資金を受け取ったと彼の判決の公聴会で証言している。


http://www.rumormillnews.com/cgi-bin/forum.cgi?read=117525

同時にフランシス法王は、性を食い物にするDCの元枢機卿テッド・カリックから聖職をはく奪するために歴史的な動きを強いられ、さらに多くの枢機卿と司教が同罪に直面する道を開いたと、その情報筋は言う。


枢機卿が解雇され還俗させられたのは2000年に及ぶ教会史上、明らかに初めてのことである。マックカリックは多くの高位の政治家犯罪者を擁護してきたワシントンDCの黒幕のトップであったと、その情報筋は言う。(ジョージ・ブッシュ・ジュニアとトニーブレアが権力を失った後、保護を求めるためにマレディクト教皇に会いに行ったことを覚えていますか?)

マックカリックの解雇は昨年12月に子供の性的虐待で有罪になったアロのバチカンのトップ融資者枢機卿ペルに排除に関連していると、P2フリーメーソン情報筋は言う。ペルは新金融システムの開始を阻止していると、彼らは言う。これはまた、2011年3月11日の福島大量殺人におけるバチカンの役割を調査するために外交チャンネルを使ってバチカンに送られた英国政府の正式要請にも繋がっていると、英国MI6の情報筋は言う。福島の刑事訴訟はイスラエルの安全管理会社マグナBSPとイスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフに対する起訴によって始まると、その情報筋は言う。

しかし、ファシストで細菌戦主導者の日本の安倍首相と彼の後援者である岩崎一族(三菱グループ)もまた、訴訟の後半で裁判にかけられると、その情報筋は言う。念のために言っておくと、安倍政権は福島震災の後、選挙詐欺によって成立した。日本の右翼情報筋によると、彼の政府は公式には福島の洗浄のために使われていることになっている多額の金を略奪している。山口組暴力団によると、安倍の母親は東京オリンピック関連のスラッシュ資金を配るための日本のギャングとの連絡係りとして行動している。

ロシア政府が安倍政権と和平協定を結ぶこと望んでいない事実は、それが違法な犯罪政府であることを彼らが理解している明確な兆候であると、ロシアFSB筋は述べている。

日本のバチカン/モサドのトップ代理人のマイケル・グリーンバーグと殺人と麻薬取引の差し迫った逮捕やバーバラブッシュの従妹リチャード・アーミテージの解雇は日本の一掃の道を開くであろうと、日本の白龍会情報筋は言う。

それが、日本が5月1日に新天皇として皇太子を据える準備をしている舞台裏で巨大な戦いが起こっている理由である。あるグループは北朝鮮の金正雲は外国支配には屈しなかった王室血統の一部を代表しているので、彼を天皇に据えようとしていると、日本皇室家族の情報筋は言う。他のグループは、徳仁は皇室の血を引いていないので、南朝の皇室血統の小野寺直史を天皇に据えるよう主張している。

https://www.bibliotecapleyades.net/sociopolitica/sociopol_fulford153.htm

2月27日と28日にベトナムで金正雲とトランプが会う時、帝国の継承問題は激しい議論になることは確実である。国防総省の情報筋は、合法的な天皇が誰であるべきかを決定する公判が行われるかもしれないと言っている。

フランスの国家移行評議会の関係者によると、ハーグ国際司法裁判所(ICJ)でも欧州連合の政治的基盤を覆す可能性もあると言う。理事会報道官ファブリス・デュブルデューによると、2月19日に評議会はICJに「フランスは2007年12月13日以来、憲法を定めていない」と主張する件を提出する。さらに評議会はフランスの3部門(行政機関)が1948年以来法的権利なしで運営されていることを示すであろうと、彼は言う。

「この法的混乱は、フランスの政権交代ののみならず、あなたがこ飲むなら私が進展させることができるあらゆる法的理由によってEUの崩壊(我々が知っているように)をも引き起こす可能性がある」とデュブルデューは言う。彼は「我々は単純ではなので、常時監視されていることを知っている。我々は行動妨げられていない事実は、上位者がEU第四帝国を合法的に火をつける適切なタイミングであると判断したことを意味している」と付け加えた。

一方、イスラエルのハザールマフィア政府はその第四帝国ナチ支持者が力を失っているのを見て、イランへの戦争の支持を強めるために先週ポーランドで緊急会議を開催することを試みた。彼らはまた、ポーランドから金を強要しようとしたと言う。ポーランド政府は1ペニーをも拒否し、代わりにドナルド・タスク欧州理事会議長の起訴を求めたと、情報筋は述べている。タスクはポーランド人のふりをしているだけで、2010年の大統領を含むポーランド政府高官の殺害に関与したドイツの代理人であると、彼らは付け加えた。

https://www.independent.co.uk/news/world/europe/vladimir-putin-polish-president-lech-kaczynski-plane-crash-russia-poland-defence-minister-antoni-a8111831.html

ハザール人が支配を失っているもう一つの兆候は、「イスラエル二重国籍のルパード・マードックの代理人の前フォックスニュースのアンカーであったヒース・ナワートが国連大使の候補から彼女の名前を取り下げると言う形で現れたと、国防総省情報筋は言う。ユダヤ人のCIA情報筋によると、米国は間もなくイスラエルではなく米国を代表する国連大使を持つことになる。進行中の作戦が危険にさらされるのでまだ書けない多くのことがある。しかし、同社はそれは人々とこの惑星に住む生き物にとって本当に素晴らしいことであるので安心してください。我慢する人は最後には彼らの遺産を相続することができる。

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

Qが動き出した(目覚めの扉より)

目覚めの扉より抜粋転載です。動きが激しくなってきました。



2月15日に米トランプ大統領が非常事態宣言を出した。ウィリアム・バーが司法長官に任命されるタイミングでした。

2月2日のQの投稿「F-15今日、国家非常事態宣言?」

現地時間午前3時14分だったのですが、その時間を予測するQの投稿があった。
「その時は近づいている。時計に注意」時間は3時14分を指していた。



ウィリアム・バーに任命

昨日、根強い死亡説のあるギンズバーグに関するQの投稿

ギンズバーグの死亡に関して、フェイクニュースのさらなる偽情報があると書いている。

ギンズバーグに関するフェイクニュースからの更なる偽情報があるでしょうとQが投稿するやいなや、CNNや他のメディアでも、ギンズバーグ判事が法廷での非公開の会議に金曜日(2/15)に出席したと報じています。

記事↓

https://edition.cnn.com/2019/02/15/politics/ruth-bader-ginsburg-returns-to-supreme-court/index.html

それを受けて、下記の風刺画が登場した。
音楽会の空っぽの席をみて、周囲の人はギンズバーグに「元気そうですね?」などと声をかけている。


Qからのさらなる投稿

今後10日間、偽旗作戦に注意。ディープステート側も必死です。

もう一つは、ビルとヒラリーの件

「ビルとヒラリーの公衆衛生が急激に悪化する」
分かりにくいですが、何か大暴露が始まるのでしょうか、、大期待です。


今すでに嵐は始まっているかもしれません。心して慌てずに見守りましょう。

B&Hは極刑にしてもらわなければならない。

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

壁予算合意

メキシコ壁建設予算に合意

トランプ大統領は、与野党が合意した案に署名した。同時に、建設に際して必要な予算を確保するために、非常事態宣言をした。(作戦通り)
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/b/3/300w/img_b3f3f61427d2933233383efddc2708fc46086.jpg
政府閉鎖を避ける代わりに、非常事態宣言。これは国家の安全と人道危機を食い止めるために必要としている。

与野党合意案は13憶7500万ドル(約1520億円)
計画案は57億ドル(6300億円)を下まわる。
http://afpbb.ismcdn.jp/mwimgs/d/d/320x280/img_dd8db24ebfa9ad11f52647993ab86991282119.jpg
トランプ大統領は「満足していない」と不満を述べたが、政府閉鎖は避ける考えである。

国境壁が国家の安全保障上必要なものだと言う世論の巻き起こし、民主党の所為で予算が足らないので非常事態宣言をせざるを得ない。但し、政府は再開すると得点を稼ぎます。全て計算通りと思う。

トランプの本当の理由は、非常事態宣言が発令されると軍事裁判が認められる。これが本命である。舞台はグアンタナモへ移るはずです。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

マスゴミが伝えない米国の現状

アメリカの情勢
目覚めの扉より抜粋転載

(1)国境の壁問題
国境の壁の建設、予算がとれたみたいですね。ということで、政府シャットダウンは回避決定です。

予算の方ですが、結局民主党が合意した予算はわずかな金額で予算には全く届かず、別のルートで230億ドルの予算を確保したそうです。

トランプは、「予算がしっかりとれたことにはとても満足しているが、今回も民主党の対応に関しては、非常に不満だ」と釘を刺しています。

民主党は国を守る気がないということを、再度国民に向けてアピールしたということですね。

トランプも支持率も先日の一般教書演説以来とても好調で、現在は支持率52%だそうです。

フェイクニュースによるトランプ叩きが酷いこの状態でのこの支持率は、本当にすごいですね。



(2)ロシア疑惑問題
正式に、ロシア疑惑に共謀の事実なし!ということが確定したようです。
日本のメディアはあまり報じてないのでしょうか?

アメリカの大手メディアNBCでも、さすがにこのニュースは報じているようです。

「上院情報委員会は『共謀の事実なし』と判定した」

ただ、さすがにCNNは往生際が悪いというか、どうして今回共謀があったと認められなかったのか?と、あくまでもトランプとロシア側の共謀はあったという仮定の下のニュースになっています。上院情報委員会が正式にそういう判断に至ったというのに…

そしていかにもという悪党面の元CIA長官のジョン・ブレナンも、まだ現実を受け入れられない様子で、「刑事捜査はまだこれからだ」とか言っています。自分が刑事捜査される側なのにねー、と思いますが




2年間かけて200人以上の証人に聞き取り調査を行い、30万以上の資料を精査するという作業が生じた訳ですし、その費用はもちろんアメリカ国民の税金から支払われている訳です。ムラーのロシア疑惑の捜査に本当に根拠があったのかどうかは、これから調査されていくことでしょう。

さて、このロシア疑惑も無実の判定が下った訳ですし、トランプを止める要素はなくなりました。

ここから一気に攻めに出て欲しいと思いますし、おそらくここからは畳みかけるようにスピードが上がるのではないかと期待しています。

ロシア疑惑に関してですが、これはそもそもヒラリークリントンがロシア側のエージェント(スパイ)だったということで、本当のロシア疑惑はヒラリークリントン側の疑惑なんですけれどね。それをトランプの疑惑にすり替えたというのが、ディープステートっぽいというか、自分の働いている悪事をそのまま相手のせいにするといういつものパターンです。


さて、これから起訴攻勢が始まるようです。安倍一派の名前も出ています。
今後は(実際は進んでいる)グアンタナモに移って行く。待ってます。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

フルフォードレポート(2/11)

秘密の条約は早ければ3月には大規模世界変化を知らせている

秘密裏でも公の場でも、世界権力の最高レベルで激しい交渉が行われていると、複数の情報源が認める。このことは、早ければ3月には地球を変える声明をもたらすかもしれない。ワシントンDCにおける権力闘争もまた、ドナルドトランプ大統領の国家非常事態を宣言すると言う脅しに見られるように、ある種のクライマックに向っている。

一つの大きな公的な動きは、教皇、上級イスラム代表者および他の多くの宗教の代表者による世界一神教の発表でした。これは教皇フランシスがイスラム発祥の地であるアラビア半島を訪問する史上最初の教皇となった後に、起こりました。発表の文書はここで見ることができる。

http://w2.vatican.va/content/francesco/en/travels/2019/outside/documents/papa-francesco_20190204_documento-fratellanza-umana.html



東南アジアのCIA筋によると、国連本部をニューヨークからラオスに移転することが、2月27日から28日にかけてのドナルド・トランプ大統領と北朝鮮実力者の金正雲の首脳会談の大きなテーマになると言う。

交渉に関与している情報筋によると、アジアの秘密結社、米軍産複合体、そして欧州王室たちは、世界将来計画立案機関の創設に取り組んでいる。これに関するいくつかの公文書はすでに署名されていると、英国王室情報筋は言う。

MI6、P2フリーメーソン、国防総省、そしてアジア秘密結社の情報筋もまら、ある種の世界政府が発表されることを強く推進していると述べている。これは今では、敗者がなく、勝者だけがいると言うやり方で行われ得る。それは世界権力がはまれにほぼ完全に均衡しているおかげであると、彼らは言う。

下のリンクの地図は、青の西側同盟、赤のユーラシア同盟、および灰色の南同盟の3つの権力グループを示している。表面的にはベネズエラ政府に対するグループの喧嘩を示しているが、実際は世界の統制に関する分割である。

https://bigthink.com/strange-maps/which-countries-support-maduro-guaido

先週、すべてのアフリカ諸国のための統一されたパスポートの発表は、世界政府への動きの明白な兆候の1つでした。


いずれにしろ、ベネズエラのための戦いはまた、世界最大の石油埋蔵量を掌握することによって国際金融システムの支配権を取り戻そうとするネオコン(ハザールマフィア)による失敗した企みと見ることができる。

国防総省情報筋は、「ベネズエラの米国傀儡は、欧州連合、アメリカ国家組織、IMF、世界銀行、アフリカ連合、国連などの超国家組織によって認知されなかった。

また、国連、バチカンと赤十字は傀儡反体制指導者ファン・グアイドに「人道的支援」を提供することを拒否した。それが武器輸送のカモフラージュであったからだと、情報筋は言う。その結果、「ベネズエラのクーデターは大失敗に終わった」と彼らは述べた。

CIA情報筋によると、ベネズエラの石油奪取ができなかったため、トランプは国家の緊急事態、より正確には国家の破産を宣言することを余儀なくされる可能性があると、述べている。

国防総省とCIA情報筋は、このことは、トランプが軍事支援を失ったので、トランプの凋落に繋がる可能性があると述べている。「ホワイトハウスにおけるクシュナーとジョン・ボルトンの存続に加え、ベネズエラの素人演芸会とイラン-コントラの犯罪者エリオット・エイブラハムのベネズエラ事件の特使としての指名は大統領への疑いを導くと国防総省情報筋は言う。

一方でトランプ、サウジアラビアとナショナルエンクワイアラー(米国のダブロイド紙)、他方でCIA、トルコとアマゾンのベフ・ジョボスの確執はトランプにとって致命的になるかもしれない。これは他のメディアによって後半に報道されている複雑なビジネスなので、ここではいくつかの重要な点にだけ触れる。

第一に、トルコのCIAトップがトルコ刑務所から釈放された後、(ベゾスが所有する)ワシントン・ポストのコラムニストであるジャマル・カショギの殺害ががトルコ内のサウジアラビア大使館で起こった。第二は、トランプは、サウジアラビアのクローン・モハメッド・ビン・サルマン皇太子の殺人を非難することを拒否しました。第三は、ナショナル・エンクワイアラーはベゾスの婚外交渉事件を暴露するために通常のニュース雑誌としては現実的ではない予算へのアクセスを持っていた。ベゾスはそれがサウジアラビアの金であることをほのめかしている。現在、ビジネスのCIAへのクラウド・コンピュータの取り扱いを含んでいるベゾスがエンクワイアラーを攻撃しているようである。



https://nationalpost.com/news/world/jeff-bezos-national-enquirer?

また、私の嗅覚試験に落ちたこのサガ全体の側面もある。エンクアイアラーの
トップはペッカー(Pecker)と呼ばれる。ベゾス調査官はベッカー(Becker)と呼ばれている。そしてスキャンダルにはPeckerの写真が含まれている。ここでは、そのままにしておきましょう。

いずれにしろ、トランプのサウジアラビア(キッシンジャー+ロックフェラー)への繋がりと、トランプのベネズエラ石油奪取の失敗は、彼が石油ドル支配を失うので、彼の凋落となる可能性がある。この文章では、EUがサウジアラビアをテロを支援する国のリストに加えたことは注目すべき興味深いことである。そのために厳格な財政統制の対象となる。これは明らかに、石油ドルのネオコン支配者とアルカイダとISISによる偽戦争やテロを狙ったものである。
(訳者注:著者の混乱が見られる。挿入文なのか支離滅裂な気がするが。フルフォードが信じられないところが出ています。聞き流してください。次へ行くと文脈が変わります)

https://www.presstv.com/Detail/2019/01/26/586814/Saudi-Arabia-EU-blacklist

国防総省情報筋によると、ベネズエラは「軍事的選択肢にはリストアップされていない」と言う。それは「ロシアと中国がベネズエラに軍隊と軍事装備を送り、15,000のキューバ軍と一緒に軍事演習を行っている。一方、米議会と国連安全保障理事会は武力行使を承認していない」と国防総省情報筋は言う。「敗者はネイコン、イスラエル、シェブロン(ブッシュ)、ハリバートン(チェイニー)と金塊、コルタン(ニオブ・タンタル鉱石)とベネズエラの鉱物会社のようである」とその情報筋は言う。

ベネズエラ以外でも、企業(ファシスト)の利益は大きく減少している。米国では製薬会社の幹部の逮捕が始まり、製薬会社は値下げを余儀なくされていると、国防総省情報筋は言う。EUではシーメンスとアルストムの合併の試みは、高速鉄道の寡占化を理由に中止されました。

また、世界的にバイエル/モンサント社はその多くの犯罪に対する支払いを続けている。国防総省情報筋によると、2月4日から9日まで、ハリウッドの小児性愛を狙ってロスアンジェルスで陸軍と海軍の特殊作戦が行われると言う。法務省もまた、モサド小児性愛代理人ジェフ・エプスタインの調査を再開した。

これらの作戦が、連邦準備制度理事会を所有する家族の一員が我々に嘆願状(一部読める)を送ってきた理由であろう。
「愛する人間として、我々は集団の特定の一員が彼らほど幸運ではなかったことを理解する必要がある。その代わりに、我々が打倒しようとしている恒久的な悪魔システムを続けるために生まれてから悪魔的な残虐行為によって破壊され、傷つけられてきた。

乗り越えられないほどの暗黒の悪と善とすべてのこの狂気を止めるための唯一の方法は、彼らに今までに知ら得ていた唯一の道を外れて道を見つけ出す機会を与えることである。しかし、回復不能な傷害を受けた多くの人がおり、彼らの計画に従わないすべての物と人を殺すモードに設定されている。それらの人々は人類の利益のために廃除され、現場で撃たれる必要がある」
(訳者注:我々は悪くない、末端の部下達が悪いと言っている)

我々はまた、現在イリノイ州の刑務所にいるロシアの武器商人ヴィクター・バウトから送られた手書きの手紙と山積みの文書を得た。今更彼を黙らすために殺すのは遅すぎる。我々は、2000年にロシアの潜水艦クルスクから盗まれ、福島の津波核大量殺人テロに使用された核兵器について彼の詳細な証言を持っている。

MI6、CIAおよび国防総省の情報筋によると、福島での調査は、日本の安倍晋三首相、ドイツのアンゲラ・メルケル首相、イギリスのテレサ・メイ首相、その他多くのいわゆる世界の首相が逮捕される可能性が高いと言う。

この面では、国防総省の公式プレスリリースによると軍事法廷がキューバのグアンタナモ湾で始まったと言うことができる。

https://dod.defense.gov/News/Press-Advisories/Press-Advisory-View/Article/1752920/militar/

最後の記述として、我々はブラジルの進行の癒してジョン・オブ・ゴッドが10台の奴隷を乳児牧場で勝っていると言うニュース報道に疑問を鳴け投げかけている日本の読者からの手紙を受け取りました。

https://www.msn.com/en-xl/latinamerica/top-stories/john-of-god-faith-healer-kept-teenagers-as-sex-slaves-and-sold-their-babies-for-up-to-%C2%A340000-before-shipping-them-from-brazil-to-europe/ar-BBT35BO

この読者によると、彼のビタミンと信仰癒しのビジネスが製薬会社の利益に食い込んだので、「神ジョン」つまりジョアオ・ファリアは製薬会社マフィアによって罠に嵌められた。ファリアは投獄された後に中毒となり、その結果血を吐いていたと言う。

このことは、私が若者としてアマゾンで勉強したシッピボシャーマンが彼は競争を望まなかった故に、その後製薬会社マフィアに嵌められて殺された事実を思いだした。

さらに、それはその後自殺した一人の女性活動家によって作られた乳児牧場であると言う主張であったことが分かったが、彼女の家族は彼女の死体を当局に見せることは拒否している。我々は、ブラジル司法がこの事件の背後にある真実にたどり着くようにする必要がある。

しかし、ブラジルの真実がどうであれ、赤ちゃんが自分の臓器、部分と摘出のために売られていることを否定することはできない。

https://www.foxnews.com/politics/planned-parenthood-under-inaminationation-by-justice-department-over-sale-of-fetal-tissue

支配階級は、彼らの支配が終わっていることをし信じられない程、長い間我々を殺されるべき家畜のように扱ってきた。地球は解放されようとしている。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

講演「男のしんどさをたのしさに」

面白かったのでご紹介
講演会「男のしんどさを楽しさに」石蔵文信氏

石蔵 文信は、日本の医学者。大阪樟蔭女子大学学芸学部健康栄養学科教授を退官後、現在は大阪大学人間科学研究科 未来共創センター 招へい教授。医学博士。循環器科専門医。心療内科医。 大阪府出身。

「孤独死」から入る
・女性は死後3日以内に発見
・男性は白骨化
女性は付き合いが多いので、すぐわかる。
男はもっと仕事以外の付き合いを広げよう

1.老後の心配
①健康
②老後資金
 この二つは心配してもしょうがない。
 お金の話は共にアルバイトでもした方がよい
③夫婦関係
④居場所
 この③④が大問題

内館牧子著「終わった人」映画化・・・「趣味なし」「夢なし」「仕事なし」
会話の頻度が1回/2週間
頼れる人がいない

趣味、ボランティなどを言い訳なしで実行する
 ・マクドナルドの早朝勤務は高齢者ばかり(若者は朝が苦手)
 ・「見守り」(朝の子供のための旗振り)ボランティアもよい 
  (ボランティアは一つやりだすと広がって行く)
 ・農業のお手伝い、家庭菜園
働いた方がいい。3hr/日でも

高齢者のアルコール依存症が増加している。

「心の健康に気をつける」
 健康になる方法・・・「健康だと思うこと」
 *健康と思っている人 米国90% 日本30%
  長寿国日本なのに、日本人は考えすぎ
  
「自分は高齢者とは思わないこと」

離婚理由(離婚率1975年5%⇒2013年18%)
女性理由:「男尊女卑、家政婦的扱い」「上から目線、支配的」
    ⇒「おい、お前」は止めて「名前で呼ぼう」
基本的に「男は一緒に旅行へ行こう的な発想」
    「女はお互い干渉しない」
    ⇒男は女の足を引っ張らない。「一緒にいることを少なくする」が大事
                    ⇒「自立する」なんでも自分でやる
     「社縁から地縁へ」

結構若い人もいて、しつこく質問していた。
「どうやれば愛が戻るのですか?せめてこうならないためにどうすればいいのですか?」

先生は冷酷に
「そんなことはできない。お互い性ホルモンが多くなって、結婚したのであって、愛とか訳の分からないものはなかった。性ホルモンは3年もたてばなくなる。3年目の浮気とはそういうもの。「愛」と言うものがなくなるのは当たり前、情に訴えたほうが良い

最近、日本原始力発電所運動を進めている。
ペダルを漕いで自電車の発電機を回し、スマフォの充電とかに使いながら、健康維持、いざという時のは緊急発電所になる。下の写真は水のろ過を行っている。
先生の著書
「妻の病気9割は夫がつくる」「なぜ妻は夫のやることなすこと気に入らないのかエイリアン妻と共生するための15の戦略」その他「男の料理」(自立するために)
なぜ妻は、夫のやることなすこと気に食わないのか エイリアン妻と共生するための15の戦略 (幻冬舎新書)妻の病気の9割は夫がつくる (医師が教える「夫源病」の治し方)

結婚の概念(特にないけど)を改めなければならない。
面白そうな本なので読んでみます。特に赤線の引いてある本。(エイリアン)

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

トランプ大統領「一般教書」演説内容

image

(一般教書演説の結果です。民主党のレベルの低さが分かります。どう落とし舞いをつけるのでしょうか?みんなで相談か?結構結構、相談して早く結果を出してください。トランプの罠にはまるよ)

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(以下一般教書演説の要旨です)

議長婦人、副大統領、国家議員、米国のファーストレディ、そして私の同僚のアメリカ人

我々は無限に可能性の瞬間の今夜に会っています。我々は新しい国会を始めるので、私は全てのアメリカ国民のために歴史的突破口を達成するために皆さんと協力する準備をもって、ここに立っています

(以下要旨のみ)
・米国民が、この偉大なる議場に集まった我々を見ており、二つの政党ではなく一つの国家としての統治を望んでいる
・今夜私が示す計画は共和党の計画でも民主党の計画でもない。米国の計画である。
・我々の多くは中核となる同じ約束のために運動してきた。
①米国の労働者のために米国の雇用を守り、公平な貿易を要求すること。
②国のインフラの債権と再活性化。
③保健医療と薬価を引き下げる。
④適法で近代的な移民制度を作る。
⑤米国利益第一主義の外交政策

勝利とは自分の政党を勝たせることではない。国民のために勝つことだ

・今年、米国の使命の尊厳さと誇りの力を確認する。
①ノルマンデイ上陸作戦75周年
②アポアポロ月面50周年・・子s都市米国の宇宙飛行士は米国のロケットで宇宙に戻る。

・21世紀にふさわしい新たな生活水準を一新する。
・そのために我々は復讐や抵抗、報復の政治を拒絶し、協力と妥協、交易の限りない潜在力を追求すべき

・昔からの分断に橋をかけ、古い傷を癒し、新しい連立を築き、素晴らしい米国の未来を切り開くことは、我々にかかっている。

・偉大さか停滞か、成果か抵抗か、未来か復讐か、途方もない進歩か無駄な破壊か、選ばなければならない。

今夜、皆さんに偉大さを選択するよう求める


・この二年間、私の政権は何十年にもわたり両党の指導者たちが放置してきた問題に立ち向かうため、切迫感をもって歴史的なスピードで行動した。
・大統領選から二年余りで空前の好景気をもたらした。
①530万人の新規雇用を生み出した。
②製造業で60万人の新規雇用を創出した。

・賃金は何十年で最速のペースで増えている。
・フードスタンプの支給対象から500万人が外れた。
・失業率は半世紀で最も低い。
・歴史上最多の1億5700万人が就労している。

・我々は就労生態の大規模減税を行い、自動扶養控除を二倍にした。小規模企業や牧場、家族経営農場にかかる不動産税や相続税を廃止した。
・不人気のオバマケアの加入義務違反に対する罰金を廃止した。
・歴史的な減税と規制緩和の結果、多数の企業が米国に戻ってきている。

・米国は今、世界一の石油と天然ガスの産出国だ。エネルギ純輸出国である。
米国では経済の奇跡が起こっている。唯一それを止めるものがあるとしたら、愚かな戦争か政治、あるいは、ばかけた党派的な捜査だろう

・我々は国外の敵を打ち負かすために、国内で団結しなければならない

今、共和党と民主党は、差し迫った国家の危機に立ち向かうために再び力を合わせなければならない
国土を守り、南部国境を厳重に警備する予算案を通すために、議会は10日の期間が残っている

今こそ、米国が不法移民をなくし、密入国を手引きする冷酷な一味や組織、麻薬密売人や人身売買組織を壊滅するために取り組んでいることを、議会は世界に示すときだ

・危険な国境の管理を怠り、もうこれ以上、米国人の生命が奪われることがあってはならない。

・我が政権は、南部国境の危機を終わらせるため、良識ある提案を議会にしてきた。それは、人道支援や更なる法執行、入国時の薬物探知、子供の人身売買を可能にする抜け穴を封じること、国境の物理的な壁を含む。過去には、ここにいるほとんどの人が壁に賛成票を投じたが、壁は適切に建設されていない。私はそれを建設する。

我々は中国に対し、長年にわたって米国の産業を狙い、知的財産を盗んできた今、雇用と富を盗み取るのはもう終わりだと明確にしておきたい

・我が国は最近、約2500億ドル(約27兆4000億円)の中国製品に関税を課した。財務省は今、中国から何十億ドルも受け取っている。しかし、我々を利用したと、中国を非難するつもりはない。私は、この茶番を許した我が国の過去の指導者と議員たちを非難する。私は習(近平)国家主席をとても尊敬している。

・もう一つの歴史的な貿易の大失敗は、北米自由貿易協定(NAFTA)として知られる大惨事だ。
・私は今夜、相互貿易法を議会で通過させることを求めたい。他国が不当な関税を米国の製品に課したら、我々も彼らが売りたい同様の製品に全く同じ関税を課せるようにするためだ。

・ 両党は、米国のボロボロのインフラ再建という偉大な仕事のため団結できるはずだ
・私は、医薬品開発費の負担が世界的に不公正になっている問題にようやく取り組み、米国の患者にとって公平性と価格の透明性を提供する法律を通すことを求めている。製薬会社や保険会社、病院に対し、競争を促し、価格を下げるために実際の価格を開示することも要求すべきだ。

・私の計画の最後は米国の安全保障についてだ。
・NATOから非常に不公平に扱われてきた。NATO同盟国に1000億ドルをこす防衛支出の増額を確保した。

とりわけ複雑なものの一つは中東にある
・19年間中東で戦ってきた。アフガニスタンとイラクでは米国人が7千人命をささげた。5万2000人が重傷を負った。7兆ドル以上を中東の戦闘で費やしてきた。

大統領候補として、私は終わりなく戦争はしないと約束した
・私が就任した時、イスラム国はイラクとシリアの2アmン平方マイルを支配していた。今は全土を解放した。

我々のシリアにいる戦士に暖かい「おかえりなさい」を贈る時である

・アフガニスタンでも多くの勢力と建設的な対話を行っている。20年の戦争を経て、少なくとも和平達成に向けて努力するときが来たとお互い思っているはずである。

我々は、不一致によって規定されてしまうのか、勇気を持って違いを乗り越えていくのか、選ばなくてはならない

 我々は、受け継いできたものを無駄遣いするつもりなのか、あるいは、米国人だと誇らしげに宣言するつもりなのかを選ばなければならない。我々は信じられないようなことをする。我々は不可能なことに挑む。我々は未知なるものに打ち勝つ。

 今こそ米国の想像力を再び燃え上がらせる時だ。最も高い頂を目指し、何よりも輝く星を目指して目標を設定する時だ。我々を市民として、隣人として、愛国者として結びつける愛と忠誠、そして記憶の絆をよみがえらせる時だ。

 これが我々の未来であり、運命であり、選ぶ道だ。私はあなたたちに偉大さを選ぶよう求めている

 どんな困難に直面しようと、どんな難問が降りかかってこようと、我々は共に前進しなければならない

 我々は、心の中に「米国第一」を掲げなければならない。魂の中に自由を息づかせなければならない。そして、神のみもとにある一つの国として世界各国の希望であり、期待であり、光であり、名誉であるべきだ――という米国の運命にいつでも信念を持ち続けなければならない。

 ありがとう。みなさんに、そして米国に神のご加護がありますように。そして、おやすみなさい。

-----------------------------------------------
期待に反して過激な発言は全くなかった。
一般教書とは大統領が議会に送るものであるから当然のごとく、議会に対する要望を述べいる。
特に、民主党に向けていることは明確である。
トランプ大統領は民主党にエールを送っている
・皆さんと協力する準備がある
・国民は二つの政党ではなく一つの国家統治を望んでいる
・皆さんに偉大さを選択するよう求める
我々は、不一致によって規定されてしまうのか、勇気を持って違いを乗り越えていくのか、選ばなくてはならない

具体的政策を揚げながら、上記のことを繰り返している。
国土を守り、南部国境を厳重に警備する予算案を通すために、議会は10日の期間が残っている

これが「踏み絵」なのであろう。議員が懺悔して、事の真相を語り世界に知らしめたいのであろう。

そして上級徒党は軍事裁判と言う工程になるのだろうと思う。議員が改心しなければ、お前たちも同じだぞと言う脅しである。さて、ペロシ(ほぼ落ちている気がするが)ほかの民主党員は同回答するのだろうか。



励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村



 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (527)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
24位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
8位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん