FC2ブログ

嗚呼、悲しいではないか

明るい希望をもって進みましょう

国家非常事態対策委員会(9/20) 南北相互不可侵条約について

・南北朝鮮首脳間で南北相互不可侵条約を発表 ・冷戦が終わるというシナリオは決まっている。
・プーチンの日露平和条約をやろうと呼び掛けている。
・日本のインチキ、八百長選挙政権が問題 ・朝鮮半島も決まり、中近東も決まり、あとはウクライナ、ワシントンDCの動きによって決まる。
・「朝鮮人民の皆さん、おめでとうございます」
・日本と朝鮮半島の相互不可侵条約も結ばなければならない。
・ロシアと日本の大きな動きも水面下で用意されている。
・みんなで仲良くしようという基本方針は決まっているので安心してください。

自民党総裁選挙


・日本の政治が世界の動きと乖離しているのではないか?  ⇒間違った脚本を読んでいるので、1-2年遅れている。  もう、行動をとるしかない。自衛隊が動くだろう。  いつとは言えないが、必ず動くからご心配なく。
・なんで、日本は安倍を選ぶのだ。  
⇒ムッソリーニは最後の最後まで、マスコミと国会議員に支持されていたが、ある日突然、逮捕され拷問にかかった。   チャウセスクもおなじであった。   今、政治家は心配夜も眠れぬはずである。   ピンポイントの掃除される。
・日本でも民衆による政権交代を期待する。  
・しかし、日本人はチキンだ!  ⇒言いたいことは分かるが、「日本の首相は言うことを聞かないと殺される」   いざとなれば戦う人たちはいるから心配するな。   今は夜明け前の、暗闇だ。心配するな。   ピンポイントで狩り始まっている。例えば、日本銀行では始まっている。
・安倍はどうして、こんな乖離をしているのか?  ⇒マッカーサーとトルーマンが日本をダメにした。買収政治にした。
・しかし、その大本が切り込まれているので、金が回らなくなるから終わる。
・もう勝負がついているから、大丈夫。
・最後は善人が勝たなければならない。

ということで、心を強くして待ちましょう。
そう、自衛隊が動かなければならないと思う。
動けないように台風の災害救助ばかりやらしているのか????

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村



スポンサーサイト



なんか風向きが変わった?

おどおどした安倍はトランプの脅しに乗り、二国間協定に引きずり込まれた。
TPPはやめたほうがいいと思うが、二国間協定に負けない政治家を選ぶ必要がある。
中国も、相当弱みを握られていると見えて(それが何かを考えている)、トランプに押されている。どうなるのか?

一方で、安倍と麻生の後始末を急がねばならない、板垣の音量が少し変わってきて、そのあと試案つを小沢さんにやらせるのか可哀そう。小沢政権はそのあと。所詮、次の政権も来年の参院選までなので。官僚上がりの指示通りに動ける人がいいと言い出した。

朝鮮半島の動向はほぼ決まった。やがて駐韓米軍は引き上げる。そして日本からも引き上げてゆく。最初は沖縄である。辺野古なんて米国は全く無関心である。日本の官僚と土建屋がやっていることである。

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

フルフォードレポート(9/24)

ハザールマフィアは軍事法廷が迫っているので、中国の保護を求めている


軍事法廷が迫るにつれて、悪魔崇拝ハザールマフィアは恐怖の狂乱に陥っている。結果として、彼らは保護を代償に中国に世界を(あたかも自分たりのものであるかのように)与えようとしていると、グノーシス・イルミナティとアジア秘密結社は言う。これに加え、彼らは世界的流行病を誘発させ、イエローストーンのカルデラを吹き飛ばし、大きなEMP攻撃を始めると脅迫しており、そして長期の遅れた裁判の外になるよう彼ら自身を脅迫するために、無駄な努力として騒乱(これらは無効にされるが)を起こそうとしている。また、ブレット・カラバナフの最高裁判所への任命を撤回するために、愚かで広く嘲笑される汚いキャンペーンを行っている。


国防総省情報筋は、彼らはジョージ・ブッシュ・ジュニアに公にカラバナフを支持させるために、間もなく起こる9/11機密解除の脅しを使った、その結果は軍事法廷を解放することになると、言っている。思い出してください、カバナフは彼の証言公聴会で、米国は9/11直後から戒厳令下にあり、結果的に軍事法廷は反逆罪で有罪判決を言い渡し、死刑判決も言い渡すことができたと言っている。


これに加え、その情報筋はヒラリークリントンを支持するユダヤマフィアによる2016年の選挙妨害のために、トランプは英国とオーストラリアにシオニストとイスラエル二重市民を影響ある地位から追放させるために、FISA機密解除を使うかもしれない。


イスラエルの不正国家は米国の支配を失う中、ロシアと中国の保護を求めようとしている。しかし、これは愉快にも逆効果になります。これらの努力がどこで主導されているかの米軍の分析がある。


最初に、第三次世界大戦を始める必死の企みとして、シリアをロシアの航空機を撃墜したと欺いたことの反発として、怒ったプーチンとロシア正教会は反戒律ユダヤ派に聖戦を宣言するかもしれず、ゴラン高原をシリアに戻し、ガザの封鎖を解き、非核化し、西岸、東エルサレムとすべての盗まれた土地をおあれすてぃなとレバノンに返すまで、イスラエルに飛行禁止を科すかもしれない。


二番目に、イスラエルのハイファ港とインフラプロジェクトを支配している中国と、BRICS諸国は量子金融システムから不正国家を排除するかもしれない。トランプは国連の武器禁輸と空海封鎖に同意するかもしれない。


これら全てとこれからのことに関して、ロスチャイルド家のスイス分家、BISとシオニスト長老が先週、白龍会と幸福の交渉のために日本に代表を送ったことは驚くに値しない。交渉者(我々はBISマンと呼ぶ)は、銀行家族はフランスとロシアの革命の間に見てきた混沌とした状況、大量執行、内戦と他の不安について心配していると言った。言い換えれば、BISマンは惑星の為のより良いシステムへの円滑な以降の計画が説明され、ギロチンがメニューにないならば、銀行家続は降伏する用意があると言っている。


最近のBISの公式声明から、空気からお金を印刷して関係のあるインサーだー経由でそれを配布する現在のシステムが機能不全になっており、壊滅的な崩壊に向かって進んでいることを彼らが認めていることを確認できる。BISの話は早い話が、「トップはますます富み、配下はますます貧する」これは、「超富裕者はさらに富裕に、その他の人間は苦しむ」を意味していると解釈できる。


https://www.bis.org/publ/qtrpdf/r_qt1809_ontherecord.htm


白龍会は祈念祭が唯一の答えであるという立場を取っている。特に、世界金融リセットは公私にわたる全ての債務の一度きりの帳消しと、不正な融資で得た不正資産の再配分が必要となるだろう。結果は地球上の誰もが自分の家を所有し、債務がないことを確実にすることです。これは一度限りなので、もし誰かが薬を買うために彼らの家を売って、結果的にホームレスになっても、彼らは救済されることはない。


白龍会はまた、貧困を終わらせ、環境破壊を止め、抑制されてきた技術の特許の解放-特にそれを望む人に節が可能となる技術-のための数十兆ドルのキャンペーンを頭括する将来計画機関の設立を提案している。


交渉者(我々はBISマンと呼ぶ)は、銀行家族はフランスとロシアの革命の間に見てきた混沌とした状況、大量執行、内戦と他の不安について心配していると言った。言い換えれば、BISマンは惑星の為のより良いシステムへの円滑な以降の計画が説明され、ギロチンがメニューにないならば、銀行家族は降伏する用意があると言っている。


言い換えると、旧システムの基本的な部分の全てはそのままで、連続性とスムースな移行の名目で改良される。作動中のリアルタイム、インターネットベースの民主主義をサポートされると白龍会は示唆した。


全体プロセスは大衆の移行に対する準備の為のこの惑星の本当の歴史の暴露によって始まると、白龍会は述べた。


BISの代表はこれらの提案を支持して、彼ら(誰でしょうか?)をスイス・ツーグの人々に紹介すると約束した。


彼はチューリッヒのノームに関する考えに見識を与え、彼らは数学的記号で通信をしていると分かった。


もしそうであれば、遭遇することになる以下の方程式を考慮しなければならない。彼らがこの移行を認めなければ、移行+bis+シオニズム=0になる。

NSAは今、かってCIAが言ったようにエヴリン・デ・ロスチャイルドがロスチャイルド一族の長であると考えている。


彼らはまた、最新の調査結果はロスチャイルドが保護と引き換えに中国の日本の管理を提案したと言っている。


NSAの情報筋によると、このプロセスは4月に日本の天皇として、天皇の血なくしてロスチャイルドの傀儡てして王位につく徳仁皇太子の継承で始まる。(なになに。。。。)


WDSとアジアの秘密結社の代表は、最近この話題を検討して、日本人が彼らの王族についての事実を学ばなければならない、そして、専門家の委員会が日本の市民と共に、菊何が起こらなければならないかについて決定しなければならないことに同意しました。


バチカンP2ロッジはまた、中国の大衆の沈静も行った。


これは中国の香取良く司教の選択に落ちて中国政府に違憲を与えるためにバチカンの同意の形で行われた。


イタリア政府が中国の一帯一路開発プロジェクトにG7で最初に参加すると発表の形でもやって来た。

また、「男爵夫人デ・ロスチャイルド」によって2016年に発表された2-3のツィートも、この点で注目に値します。


Bssデ・ロスチャイルド@BssDeRothschild:
「トランプ/プーチン/イラン/中国/NK核戦争の後、ヨーロッパの上に保安を提供する世界主義者理想に、世界は戻ります。


ロスチャイルドとP2系は第三次世界大戦とロシアゲート失敗の後の保護を求めて中国に走っているのは明らかだ。


しかし、中国人はハザール人は彼らが聞きたいことを話し、彼らがそれを売る最初の機会に背中からさすことを知っている。


彼らは今忍び寄っている同じ人々がアヘン戦争の時に、彼らに恥をかかせた連中であるこも知っている。


上記で見たように、中国は静かにイスラエルの基盤を没収し、ロシアと米軍と協力してシオニストに釈迦不安を終わらせるよう強制している。


ハザール人は彼らの権力支配の最後の洋裁である大手のインターネット会社を失っている。

国防総省は、「大きな技術企業が司法省の独占禁止法違反を受けて片欠をする時間であり、EUから重い罰金を受けて解体されることになる」と理解している。


友人であり元CIA職員のロバート・デイビット・デニールの経験豊かな解析の電子メールを皆さんに送り、今秋のレポート閉じる。


とりわけ、この追跡者がハザール暴徒がカラバノフの指名を遅らせている理由を明らかにした:「徒党が可花府の検察官クリスティーン・フォードの調査を引き伸ばそうとしている理由は、彼らの電力会社の全てで電力制御網とスタックスネット(標的型攻撃を行うマルウェア)から派生したソフトウェアを起動させ大規模停電を引き起すためであった」


あるいは、彼らがシリアとイランで大規模戦争を引き起こすか、ロシア連邦と核交換になるまで。

私は間違っているかもしれないが、彼らの前の上司が適切に解雇されれば、主流メディアの編集者はすばやく変わって、新しい勝者と考える人と一緒に行く。


彼らは誰に忠義を立てるわけではなく、大金と権力のための馬鹿者である。

ところで、私はミネソタ・ワッターリングの殺人とジョニーゴッシュの誘拐の隠された秘密の話について多く知っている。


それは、CIA、FBI、国際小児アクアネットワーク、ブロンフマン、GHWB、ホワイトハウス
・ページ、バニー・フランク、クレイグ・すペンス等全てに対する物です。


それは、FBI関係者、家族の関与した犠牲者で完全に隠蔽された物語である。


それはオマハ、フランクリン・クレディット、曲がったFBI、CIA、揺る段、ミネソタの小児性愛問題とミネソタの司法長官スキップ・ハンフリーとの関係がある。我々は数年前に重要証人と面談しました。



----------------------------------------------------------------------------

あまり大きな動きはないようです、同じ話が繰り返し繰り返されているだけです。

白龍会はさも真ん中に入るように書いていますが、聞いた話、自分達の主張を繰り返しているだけです。「貧困を止め、環境破壊を止めるために数十兆ドルのかねを・・・・・・」誰の金よ?


P2が悪者になったようです。P2と組んで米国を裏支配しようとしたのが白龍会でした。
まぁ、まだ待つしかないようです。明日のトランプとの会談でことが始まる気がしますが。



励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村




極秘なので

予定通り、争いが始まっているらしい。(聞いた話なので真否は?)

西村幹部副長官は斎藤農相に圧力をかけた人物。また赤坂自民党の模様をつぃったーに乗せたと言われる。したがって、頑張ったのに干される運命にある。
萩生田と西村と下村は虎の威を借りて圧力をかけたくった・この三人は降ろそうという声が安倍のお友達からも出ている。

麻生は、かって石破に足を引っ張られたので恨んでいるので干そうとしている。

しかし、大差をつけられなかったので、小泉進次郎も石破も処遇しなければという声も強い。

菅は本音は早く辞めたい。

日銀黒田は、既に自首してきており、最近は安倍と反対のことを言っている。
あの二人は殺してくれとまで言っている(安倍と麻生)

処遇せねばならない人間はいっぱいいるので安倍も大変である。

萩生田、西村、下村は大臣になれなければ、どうするのだろうね~
石破、小泉、菅もどう動くか?

そのまま処遇されずに黙っているとは思われない。

楽しみである。

その前にトランプとの会談があるが、本当に会うのだろうか、不思議な脳細胞である。

予定通り、争いが始まっているらしい。(聞いた話なので真否は?)

西村幹部副長官は斎藤農相に圧力をかけた人物。また赤坂自民党の模様をつぃったーに乗せたと言われる。したがって、頑張ったのに干される運命にある。
萩生田と西村と下村は虎の威を借りて圧力をかけたくった・この三人は降ろそうという声が安倍のお友達からも出ている。

麻生は、かって石破に足を引っ張られたので恨んでいるので干そうとしている。

しかし、大差をつけられなかったので、小泉進次郎も石破も処遇しなければという声も強い。

菅は本音は早く辞めたい。

日銀黒田は、既に自首してきており、最近は安倍と反対のことを言っている。
あの二人は殺してくれとまで言っている(安倍と麻生)

処遇せねばならない人間はいっぱいいるので安倍も大変である。

萩生田、西村、下村は大臣になれなければ、どうするのだろうね~
石破、小泉、菅もどう動くか?

そのまま処遇されずに黙っているとは思われない。

楽しみである。

その前にトランプとの会談があるが、本当に会うのだろうか、不思議な脳細胞である。

坂の上雫独壇場

      

長いのでご覧ください。ごもっとも!

この人の言葉で印象深いのは、国家非常事態で言っていた
「今どきの男は、にょうぼにへこへこし、上司にへこへこし、会社にへこへこし、
 あの日本男児はどこへ行った~!」
です。ごもっともです。

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

フルフォードレポート(9/17)

MI6は徒党支配は3ヶ月以内に崩壊すると言っている


英国MI6情報筋によると、ハザール徒党支配は今後3ヶ月以内に崩壊する可能性が現実的であり、それに間に合うように代替権力機構の準備が必要である。その引き金には10月に始まる米国内の徒党幹部の逮捕が見込まれると、その情報筋は言う。


国防総省情報筋は、「徒党は二週間以上目と耳が不自由であったので、ブレット・カバノー最高裁判事の判決の後に、非常に大きなことが起こるはずである」と言っている。


「カバノーは9月20日の贖罪の日の後に判決をする準備ができており、同じ日に米大統領ドナルド・トランプはツィッター以上の多くの人々に届くように携帯電話にメッセージを送るかもしれない」さらに、その情報筋は、FEMAはまたテレビによる緊急放送システムの試験を行う予定であり、無線の警告メッセージと合わせて、トランプはリアルタイムで真実のニュースを拡散し、真実の爆弾を投下することができるようになると、言っている。


緊急放送システムによってアメリカ人に伝えられる正確な内容は明らかではない。しかし先週、チューリッヒのスイス銀行の国際金融業者、ロシアFSB、MI6、日本皇室とアジア秘密結社の全てが白龍会に接触してきた。これらの情報筋は多くは2011年3月11日の福島核津波攻撃を止めていたが、突然木箱から飛び出したのは何か大きなことが起ころうとしている明確な兆候である。


南極大陸の秘密基地に接触してきたCIA情報筋が突然諜報活動が活発になっていると言ったことは、7つの太陽の観測所が閉鎖されたことと関連があったと、特に情報筋は言う:


「ニューメキシコのサンスポットの太陽観測所はロズウェル事件以来、太陽を観測している。彼らは、観測網とは独立のThe Watches社のグループに属している。地球上に戦略的に配置された特別の観測所を持っている」


「彼らは、銀河同盟の観測と人類支援委任の役割りとして大きな船が通り抜けると同様に、太陽から出てくるウィングメーカ船の写真やビデオ記録を多く持っている」


「深層国家は追い込まれている。彼らは今、羽を掴もうとしている。彼らは入り込み、恐怖とパニックから全てを掴もうとした。報道規制が発せられた。

「我々は最終戦を知らない。これは彼らに対するかもしれない、そして開示の主要行動として使われるかもしれない」


「情報筋は、観測の閉鎖になった3つの写真を送ってきた」

地上の人間のパニックや誤解を引き起こさないように、整然とした発表にしたかったので、観測所は閉鎖されたとMI6は言う。

しかし、これは最近の世界中のUFO観測の大量暴露と関連している。下は従来のメディアのおける二つの例につながっている。


https://www.dailymail.co.uk/news/article-6136563/Four-UFOs-spotted-flying-presidents-Scottish-golf-course.html

cloud_1536956582743.jpg

https://www.kron4.com/news/bay-area/strange-cloud-formation-puzzles-bay-area-1/1444948601


これに加えて、太陽の変わった活動に関連があることがありえた熱帯低気圧活動の先例のない増大が、ありました。
先週、全ての熱帯地域は嵐帯でおおわれました。そして、そのうちの7つは名をつけられるのに十分大きかったです。

https://www.zerohedge.com/news/2018-09-14/record-7-named-storms-are-swirling-across-globe-has-day-after-tomorrow-arrived


チューリッヒのスイスの銀行家が初めて特使をSDSに行かせることに決めたことは、非常に面白いです。P2フリーメーソンロッジのビンセント・マザーラとレオ・サガミはかって著者に、黒い太陽として知られる実体によって導かれた地球外生命によってスイスへ行くように命じられたと話した。スイスの代表は彼れの指導者は黒い太陽からの命令を受け、彼らとはガンマ線で通信していたことを確認した。


このポイントにおいて、本当の問題についてのこのレポートを見ることに慣れている読者は、彼らの頭を振って、我々が今はそれを得たかどうか疑問に思いそうです。答えは、スイスでその本部があるこの惑星の一種の制御ネットワークを、解析コース(それは主要な源(例えばデービッド・ロックフェラー、Rothschilds、英国皇族、アジアの秘密結社、その他によってたどられることができます)が一貫して示しているということです。


これら宇宙的なものが全てなんでもないことが分かることが、彼らが長年支配していた奴隷の人々を、好奇心の目から多少排他的なな老人を隠そうとしたのかもしれない。
さて、地球の現況に質問に戻りましょう。


従って、地球の現時点の情勢に戻ると、チューリッヒの銀行家族、MI6(英王室)、国防総省、CIA、アジア秘密結社とロシアFSB、白龍会は貧困を止め環境破壊を止める大規模数兆ドルのキャンペーンを支持するといったことを報告できる。

しかし、これを可能にするためには、徒党は権力から完全に排除されなければならない。

さてえ、この面で最近の進展を見てみましょう。


米国では「CBSの指導者レス・ムヌーバの消滅は彼れの大叔父がイスラエルの初代首相ダビット・ベングリオンであったので、シオニストを怖がらせることができた」と国防総省情報筋は言う。


ベングリオンはジョン・ケネディの暗殺を命じた人として、新しく公開された文書において罰せられた。おそらくCBSはまだ企業メディを信じている人の為にこのことを報道するかもしれない。


関係者は続ける:イスラエルが米国選挙に干渉するので、トランプの外国の選挙影響を押さえ込む条例は、ロシアやイギリス以上にイスラエルをターゲットとしている。国防総省は2012年のミットロムにー、2016年のヒラリークリントンに公に支援しているイスラエル首相ベンジャミン・ネタニヤフに逆上している。影響は民主党のハイム・サーバンと共和党シェルダン・アデルセンのような融資者安全器を通じて起こると、彼らは言う。さらに、ハリウッド/ウォールストリート/シリコンバレー等の資金を集めている柱もまた、上院議員トム・コットン、チャック・シュマーとジョン・マケインのようなおとりによって支持されている。


さらに、トランプの中国との貿易戦争はウォール街の弱めることに有効であり、銀行や銀行家、ジェミーダイモンのような中国の為に働いている人は未登録外国人エージェントとしての彼れの役割のために、起訴されうるし、さらに悪いことにもなりうると、情報筋は警告する。


MI6は、彼らの最悪の敵はEUであり、それを所有する黒貴族であると言っている。彼らはドイツ首相のアンゲラ・メルケルはポーランドやハンガリーに彼らの血統(ヒットラー他)が彼らの行ったことの保証を支払わせねばならにと言っている。


この文脈で、ロシアのFSBが最近、マルタ騎士団と交渉したことは興味深い。彼らは様々な点でEUを制御しているP2フリーメーソン連携の軍事部門である。我々は、彼らが間近かに迫ったアングロ-サクソンの裁判からの保護を求めたと推察している。

FSBが最近、誰かの為に働いたのはサウジアラビア皇族のためである。それは極端であり100人を超す人間が関与したということを言う意以外は、FSB情報筋は彼らが最近なにをしたかについては正確には言わない。ロシア正教会が事前にイスラム過激派との聖戦を宣言したので、次の記事(上級ワハハビ聖職者を処刑する計画を議論する)は関係があるかもしれない。


https://www.wsj.com/articles/push-to-execute-saudi-clerics-rattles-kingdoms-power-structure-1537097475


おそらく関連している他のこととしては、ロシア正教はイスラム支配のコンスタン地ノープルの正教会とは、ウクライナにナチ支配を理由に分裂しているということである。


 https://uk.reuters.com/article/uk-ukraine-religion-russia/russias-orthodox-church-freezes-ties-with-constantinople-over-ukraine-spat-idUKKCN1LU2IC


https://www.fort-russ.com/2018/09/deepening-schism-in-orthodox-church-is-a-sign-of-cominga-destruction-chos-war/


ロシアは何世紀もの間、オスマントルコとドイツとライバル関係にあったことを思い出してください。また、MI6とCIA情報筋によると、中東における英国/フランスの支配の弱体化の手段として、安置はイスラム同胞団とイスラム過激派を作った責任がある。日本においては政権交代に到る何かが起こっている。日本政府が最近の北海道地震の震央近くの地面に二酸化炭素をポンプ圧送していることが分かる。


https://www.reuters.com/article/us-japan-carbon-storage/japan-carbon-capture-site-shows-promise-for-industrial-use-idUSKBN1HQ0WZ


言い換えると、非科学的なハザールマフィアの二酸化炭素地球温暖化パラダイムの中で動いている奴隷政府は、地中に150,000トンの炭素を注入することで、地震を引き起こした。それは日本のインターネット上にはいたるところにある。しかし、企業メディアは沈黙している。


それにもかかわらず、このようなばかげた動きは日本銀行を国有化するという右翼の上層部のコンセンサスを助けている。それはハザールマフィアから主要な資金源を奪うことになる。それはまた、日本の奴隷政権を自動的に終わらせることを意味している。


世界中でハザールマフィアが権力を失っているので、惑星の解放の為に戦っている多くの反抗軍が、円滑な移行の具体的な計画を立てることは避けられない。白龍会はこのような移行は負債のジュビリーの声明が必要となると考えている。それに惑星を救う大規模キャンペーンが続く。また、白龍会派南アフリカのような真実と和解委員会を指示する一方で、ハザールマフィアの犯罪は戦争犯罪裁判が必要であるほどひどいように思える。


10月に何が起こるか見てみましょう。


--------------------------------------------

毎度、言っておりますが、早く実現させてさい。もちろん、日本もよろしくお願します。


さて、どうも安倍が総裁選は当選しそうな感じです。従って、当選後、組閣の不満で数派が自民党を離脱するそうです。野党と組んで内閣不信任案を提議して、ひっくり返す作戦のようです。さて、どうなるか見てみるしかあません。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

今後の展開

今後の考えられる展開

①安倍総裁選当選→内閣改造→臨時国会召集→野党の内閣不信任案提出→野党と自民党分裂派(石破ら)で賛成可決→衆院改選か内閣総辞職→首班指名

②石破当選→臨時国会→首班指名→石破首相誕生

③石破グループ自民党離党→複数は連合→臨時国会召集→首班指名→小沢一郎政権誕生

④総裁選挙直前、安倍降りる→石破不戦勝当選、②へ

⑤石破総裁、自民党内協議「総総分離」により小沢一郎代表を首相に推薦

→臨時国会召集→首班指名→小沢一郎政権誕生

⑥総裁選なくなる→⑤へ


⑥の可能性が高いのではないかと思う。
どう考えても、安倍の首相はないように思うが。


自民党総裁選での14日の公開討論会。安倍政権不支持の一番の大きな理由が、「首相が信頼できない」ということだ、との記者の質問に安倍晋三が応えて言った。

 森友事件や加計疑惑問題で、 「私の妻や友人が関わったので国民が疑念を持つのは当然」と釈明した後、「金銭的なものをもらって便宜を図ったわけではない」と言った。重大発言である。

ふつうはギブアップ宣言だが、、、安倍の場合妻がやったことで私は知らないという意味かもしれない。


トランプ、プーチン、習近平の連係による安倍打倒は相当効いている。(背後の大きな存在を感じる)そろそろ、辞め時ではないか。
安室の応援演説がトリガーで辞めるかも(苦笑)。

G7時のトランプ暗殺計画に加わった安倍はトランプ、プーチン、習金平の敵となった。

野党が沖縄知事選をきっかけに結束した。

石破がデニーにエールを送っている。

小泉進次郎が安倍支持を表明せず。

普通なら降りるところだが、執拗な幼児性がどうするのかなぁ。

最後は米軍の実力行使がありうる。

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

極秘未確認情報です

「総裁選挙は、石破の勝ち。米大使館・CIAが安倍を落とす方向で決まっている。派閥が何を言おうが、マスコミがどう動こうが、石破で決まっている。これは総裁選が始まると同時に、今月の初め頃決まった」

「20日にまでの次の体制を決めなければならない。徳川慶喜が大政奉還した時、ポツダム宣言を受託した時と全く同じで状態。緊急事態事項、特例で(大日本帝国憲法にはあったが、日本国憲法にはないはず)、今上様のご判断で、この事態を一番うまく引っ張っていける人をトップに立たせて、そういう体制を作る」

「日本の危機状態が国民にもわかる形で表面化するかもしれない。敗戦に匹敵するほどのひどい状態になっている」

詳細は不詳です。未確認情報ですが、現実はそのような方向で日々動いている気はします。

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

国家非常事態対策委員会(9/14)

国家非常事態対策委員会(9/14)




中東の情勢

□シリアで一体何が起こっているのか?

ベンジャミン
・水面下ではなく表で首脳会談を続けている。
・シリアの最後の反政府勢力に対してどうするかという議論になっている。
・ロシアが最後はやるぞと脅している。

・トルコはロシア・イラン側に移っている。ドイツとも連携し始めた。

□トランプはどうしようとしているか?
・軍は戦争をする気はない。

・タス通信「ロシア軍がシリアとイスラエルの地雷撤去を始めた」
・イスラエルも生き残りのためにロシアと話さなければならない。
・イスラエルは1/3がロシア系である。
・イスラエルは地域と強調するしかないことに追い込まれている。
・ユダヤ人世界も分裂が起こっている。

・西欧はロシアと連携してゆくことになる。

□ロシアはどうでるか?
・イスラエルのスポンサーはカタールであり、カタールは金を出さないと言っている。
・ロシアのガスはシリアがいなくても欧州へ流れている。
・シリアで戦う必要はない。

・ウクライナはロシアに編入される。
・ロシア軍が必ず入る。

□米国は
・国際社会に今はルールがない。
・米国経済大崩壊時には政界政府の可能性がある。
・トランプ外交は金頂戴しかない。

□NWOはしつこい
・もう終わりだ。
・結果を見ていてください。マケインにどんどん続く。




励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

フルフォードレポート(9/10)

徒党が運命に直面するように醸造される世界流行病(パンでミック病)の脅威

多くの病人の満載と報告されている航空機が多くの国々で着陸して隔離されているので、世界的流行病の恐怖が迫っている。しかし、国防情報局筋は、この事件は全て危機役者を含む偽のものとみられる。

パンデミック恐怖は、米上院議員ジョン・マケインの刑執行がハザールマフィア階層中に衝撃波を送った際に起こったもので、彼らは現在、自らを救う絶望的な動きの中で全ての資源を活性化させている。従って、このパンデミック脅威は落ちる試験を避けるために学校に爆弾の脅威を叫んでいる生徒のようなものかもしれない。

しかし、それはまた、51,000件以上の秘密告発の実行が始まったので、ハザールマフィアが逃亡することを防ぐために世界中の航空会社を止めること隠すためにパンデミック恐怖を準備しているのかもしれない。

いずれにしろ、下のリンクはこの計画されたパンデミック全体のごく一部に過ぎない。

ナイジェリアからロンドン-モンキーポックス

https://www.independent.co.uk/news/uk/home-news/monkeypox-uk-infectious-disease-flight-nigeria-cornwall-hospital-london-a8529306.html

スペインから英国 9/4/18-病気のバグ

http://www.foxnews.com/travel/2018/09/04/sickness-bug-gets-jet2-passengers-violently-ill-on-flight-from-spain-to-england.html

アルジェリアのオランからフランス 9/5/18-コレラ

https://www.dailystar.co.uk/news/world-news/727784/asl-airlines-france-cholera-evacuation-perpignan-oran-algeria-contagious-boeing-737

ドバイからニュヨーク 9/5/18 インフルエンザ

https://www.usatoday.com/story/travel/flights/todayinthesky/2018/09/05/quarantined-emirates-380-arrives-new-york-100-ill-passengers/1200607002/

フランスのパリからフィラデルフィア 9/6/18-インフルエンザ
ドイツのミュンヘンからフィラデルフィア 9/6/18-インフルエンザ

http://www.foxnews.com/travel/2018/09/06/2-american-airlines-planes-land-at-philadelphia-international-airport-carrying-multiple-passengers-experiencing-flu-like-symptoms.html

http://hisz.rsoe.hu/alertmap/database/index.php?pageid=event_summary&edis_id=EH-20180907-64557-USA

パンデミック恐怖は、世界のトップ、とりわけ西側権力構造における目下の危機における多くの脅威の一つに過ぎない。

米国防省の関係者は、攻撃の次の段階には元副大統領のディック・チェイニーと元大統領ジョージ・ブッシュ・ジュニアのような高級共和党員が含まれると言っている。両者は9/11反逆のために最初に引きずり降ろされるだろうから、バラク・オバマとヒラリークリントンが標的になった時に抗議を言うことはできない。

ジョージ・H・Wブッシュ・シニアはジョン・マケインの葬儀に登場しなかったので死亡した可能性が最も高い。なお、ブッシュ大統領の医者が今夏に銃でシャツされた後に、石を射殺した男が「自殺した」可能性があり、ブッシュの死の可能性を示している。

https://www.theguardian.com/us-news/2018/jul/22/heart-doctor-to-george-hw-bush-dies-in-bicycle-shooting

https://www.nbcnews.com/news/us-news/suspect-murder-george-h-w-bush-s-former-doctor-died-n897391

いずれにしろ、待望の徒党トップの逮捕シナリオが着実に展開されている。上院議員ジョン・ISIS・マケインの刑執行は、彼がトランプ前の上院議員ジョン・カイルに置き換えられることを可能としたと、その情報源は述べている。最高裁判所判事のブレット・カバナフの承認が容易になると、彼らは指摘する。

次の段階は、2001年から2005年のブッシュの秘書であった時からの9/11文書に加えFISA文書の機密扱いを解くことによってブッシュジニアその他を罰することを含むであろうと、国防総省情報筋は言う。

オバマのシカゴ暴動の守護者が逮捕されているので、オバマは緊張している。それは、ブロフマンの相続人(ブロフマンはアルカポネにアルコールを売ることで金持ちになった)を、NXIVMセックス輸送儀式における彼女の役割に対する7月の彼女の逮捕で始まった。今は、モサド米支部長ラム・エマニュエルは「シカゴ市長を外され、犯罪と腐敗のために告訴される可能性が高い」と国防総省情報筋は言う。

ネットはまた、ユダヤ人がベンジャミン・ネタニヤフは終にその悪魔犯罪性に気付いたので、ナチ戦争犯罪人ベンジャミン・ネタニヤフにも近づいている。一つの証拠は、ハアレツのようなイスラエルの新聞が、彼の政府が秘密裏に人類に対する犯罪責任を負う多くのシリアの反政府グループを創設したことを暴露した。


https://www.haaretz.com/israel-news/report-israel-secretly-armed-and-funded-12-syrian-rebel-groups-1.6462729


ハザール幹部ギャングの凋落は彼らの重要な2つの権力センター-企業メディアとハイテク独占企業に対する継続した攻撃と時期を同じにする。


偽ニュースNBCはハーベイ・ウェスティン物語を鎮めることに直面する一方、CBSは9月9日のユダヤの新年にはクスクス笑いと性犯罪者、レス・ムーンベスの解雇を強いられていると、国防総省情報筋は言う。


巨大ハイテク企業フェイスブック、アマゾン、アップルとグーグル(FAAG)は一掃され、スパイ活動と検閲を禁止するために破壊される可能性があり、競争を促進する。

CIAの偽旗作戦を実行した前スパイは、状況をロバート・デイビット・スティールに述べている。


「特にアレックス・ジョーンズ、一般にはサンディ・フックの真実を探している人々のようなデジタル殺人が続いている。これは個人的なサーバー検閲が公の言論の自由の件に変わるだけではなく、搾取に関わる調査や独占禁止法の消滅にも繋がる。現在の有罪の会社のリストは、最初のグーグルゲシュタポ同盟(アマゾン、フェイスブック、グーグル、ミートアップ、ツイッターとyoutube)より多くなり、全ては米諜報機関とシオニストの支配と影響を何らかの形で受けている。それは今は、アップル、ディスカス、ピンテレスト、ワードプレス他の多くを含んでいる。それは全ての下層プラットフォームが従う深層国家実行命令に非常に似ている。


スティールは、「インターネットサービスのプロバイダーDreamhostは最初の改正を守る一方、アマゾンはサンディ・フックに関して集められたメモの本は阻止され、9月8日にホワイトハウスに送られたと付け加えた。


ハザール徒党はよろめいているが、決して終わってはいない。彼らがトランプ政権に対して行えた最大の攻撃は、株式市場の崩壊の形に見られる。下の記事に見られるように、企業メディアは今、市場と経済の暴落を唄い始めた。


https://www.zerohedge.com/news/2018-09-09/snyder-chapter-american-history-not-going-end-well


もちろん彼らは最初に、落下させる準備として市場を不合理な高所にネジを巻き上げなければならない、そしてロスチャイルドのような熟練のインサイダーが落ち目に金から甘い汁を吸うことを確認できる。


ハザールマフィアはまた、以前権力の最高指導者であるドイツ首相アンゲラ・メルケルを守る方向に進む。ドイツの情報筋はまた、国家主義者を危険だと叫ぶことで国家主義者を攻撃する言い訳を提供するためにチェムニッツの町で偽旗攻撃が起こると言っていると、ドイツ白龍会は言っている。ドイツの秘密情報機関の長は認めているように思える。


https://www.dw.com/en/german-domestic-intelligence-chief-under-fire-for-chemnitz-remarks/a-45410480


ハザール野次馬である英国側は戦いに向かう途上にある。そして英国で偽の化学攻撃を行って、それをシリアに持ち出す準備をしている。彼らがそうするのは、中東の石油の利益がロシアによって脅かされているからである。だから、石油の収入を確保するために軍事行動に対する尤もらしい言い訳を必要としていると、MI5関係者は認める。


日本もまた、北の島北海道に対する地震兵器と思われる攻撃で激化している。その震央が軍事基地に近かったので(まるで南日本の最近の地震と同じ)地震は疑わしい。地震計の記録は人工地震に近いし、浅いという特徴があった。

さらに、地震は午前3時に起こっており、奴隷首相安倍晋三は3分以内に危機センターに準備しており、彼は事前に警告されていたことを示している。


動機は恐喝であると思われる。理由は地震の日にトランプは、私が彼らはどれだけ払わなければならないかといえば、良好な関係は終わると述べている。


https://japantoday.com/category/politics/trump-suggests-trade-fight-with-japan-wsj-column


もちろん、アメリカは、これと同じようなトリックを続けれならば、ラパルマは攻撃され、米国東海岸に100メートルの津波を経験することになると脅されたと、日本の白龍会情報筋は言う。さらに、安倍奴隷政権を排除し、日本銀行を国有化するステップもあると、日本の右翼情報筋は言う。


いずれにしても、トランプ政権が米国の現在の生活水準を維持するために、破産状態にしたまま米国の財務省の外国の買い手(中国と日本)に依存しているままなので、財務にトランプ政権の弱点が残る。


そしてトランプ米国軍事政権は徒党を排除し、共和国を元に戻す間、彼らは悪者を捕まえた後に何をすべきかについて本当の図面を発表していない。特に彼らは現在進行中の人口惑星の最後始末に現実的な案がない様に思える。


徒党の欧州支部は、完全な悪意と腐敗にも関わらず、せめて、明らかに嘘の地球温暖化二酸化炭素詐欺に関する問題を解決しようとした。トランプ政権が惑星の本当の計画を提示しない限り、ソビエトの元リーダーボリス・エリツィン(腐敗した旧システムを崩壊させる役)のように、トランプは終わります。


白龍会とその同盟者達は、世界中の貧困と環境破壊を数ヶ月で終わらせるために、大規模、数十兆ドルのキャンペーンの計画を持っている。トランプ政権が加わらないならば、彼らは給料小切手が割かれる事を見るでしょう。




最後の格好いいところになると白龍会が出てくる。彼らは褪せるばかり、彼らはこんな大金を持っていない。持っている奴に言うことを聞かせると言っているのでしょう。満州王族は彼らの言うことを聞かない。フルフォード氏も白龍会と切らないと、この先はないであろう。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村



 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (537)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
23位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
8位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

Template by たけやん