嗚呼、悲しいではないか

子供の喧嘩以下

子供の喧嘩より低レベル
情報ドットコムさんより抜粋転載

日本政府に対して共謀罪(テロ等準備罪)法案への懸念を書簡で伝えた国連特別報告者のジョセフ・ケナタッチ氏が大激怒しました。
539.jpg
ジョセフ氏は5月23日に放送された報道ステーションのインタビューで「日本政府からの回答を含めて全てを国連に報告する」と述べ、今まで以上に強い対応を検討していると言及しています。
日本政府が書簡を無視して抗議したことに激怒しており、国連として正式に共謀罪への抗議を考えるようです。菅官房長官は「特別報告者の個人の考え」と反発していますが、国連も動き出すと状況は大きく変化することになるでしょう。
2DAg5hn-XYAEXBIx.jpg
国連人権理事会が選任した特別報告者ジョセフ・ケナタッチ氏が法案を懸念する書簡について、菅は「個人的なもの」と片付けようとしたが、そうは問屋が卸さず、ケタッチ氏の再反論となった。
5Z22DDy3mAHVdtR6.jpg
国連の人権理事会に全て報告する」と。国会にも国連にも、まともな説明なしに強行した日本政府への懸念を表明するものとなった。
DAdhQpaXYAA-GmM.jpg
最初からケナタッチ氏は「私の懸念にこたえていない」と述べている。
「プライバシーを守る適当な措置を取らないままの、法案を通過させるせつめいにはならない」と批判している。
「日本政府はいったん立ち止まって熟考し、必要な保護措置を導入することで世界に名だたる民主主義国家として行動する時だ」と訴えた。

正論以外の何物でもないし、何も青筋立ててけんか腰で答える話でもない気がします。
もう冷静に人の話を聞けない、何を聞いても批判としか聞こえない、
つまり自分が良いことをしていないと心のどこかで思っていながら、止められない。
「ここはいったん立ち止まって。。。。」
自民党の馬鹿ども何をしている、母親は何をしている、妻は何をしている。。。
そのうち国連脱退とかいうぜ、あの馬鹿。
第二次世界大戦前夜です。
もう始末するしか・・・・・・

励みになります、こちらにもクリックを
人気ブログランキング

スポンサーサイト

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (115)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
157位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
31位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん