嗚呼、悲しいではないか

国家非常事態対策委員会

国家非常事態対策委員会(4/20)

ベンジャミン・フルフォード
・安倍の訪米は失敗
・安倍は手ぶらで帰った。鉄鋼とアルミの課税は例外にならない。TPPはやらない。
・安倍は「日本の鉄とアルミは品質の問題はない」とわざわざ言った。
・ペンタゴンからの情報は「日本がアメリカ軍に品質の劣る鉄鋼とアルミを売った」と言っていた。
・拉致被害者問題は取り上げると言われたことが成果と言えば成果。
・拉致被害者は自ら北朝鮮のスパイをやっていた。
・従来の日本ハンドラーズはいなかった。変った。
・朝鮮半島問題はほぼ決まった。安倍は水を差し話をしていたが。
・シリア攻撃については米トランプ、英メイ、仏マクロンは責められている。

総裁
・安倍トランプ会談は金色夜叉だ。「今宵限りだ」
・呆然とした安倍の顔は、最も情けない。
・かわいそうなばかりだ。

国として馬鹿にされている。
みっともない限りである。
シリア問題は6回目のオオカミ少年、誰も信じていない。

鉄鋼とアルミの品質問題はよくわからないが。この辺のところを説明してくれなければ。
なぜ説明できないのだろうか??

励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

恥をかきに行った



経済問題
 安倍「日本の鉄鋼やアルミが米国の安全保障に脅威を与えることはないので、引き続き協議をしてゆく」
トランプ「鉄鋼とアルミの除外は将来的にある段階では除外できるだろうが、今は年間690億ドルの対日貿易赤字がある」
安倍「TPPが日米両国に最善と考えている」
トランプ「私はTPPにはふっきしなくない。二国間協議を望んでいる」
と全くかみ合わない。

政府関係者の言葉
「想定以上の厳しさ」
「首脳同士が会って説得すれば大丈夫と、甘えていたところがあった」
「新たな交渉の枠組みを作ることは合意も、11月の中間選挙をにらんで、高い要求を突き付けてくるとみている」

北朝鮮問題
「対話の過程で制裁を解除しない」
「拉致問題を米朝首脳会談で取り上げる」
ことは合意するも、どうなるか?

なにしに行ったのやら。事前交渉で無理なことはわかっていたはず。 だから、行くのは意味がないととの声は大きかった。 トランプに藁をもすがる思いだったのだろうけれど、そうは問屋が卸さない。 恥をかきに行った。世界はそう見ている。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

やはり本能寺は今井

リテラより抜粋転載

yanase_180420_top.jpg
柳瀬氏は「記憶の限り会っていない」と言い張ってきたが、愛媛県が作成した面会記録文書以外にもこのメールが発見されたことによって、「会っていた」ことは確定的になったと言える。

 しかも、だ。このメールでは前述したように内閣府での〈面会の結果〉が報告されているのだが、その内容は、すでに公表されている愛媛県の面会記録文書に記された〈藤原地方創生推進室次長の主な発言(内閣府)11時30分〉とほぼ同じ内容が記載されているのだ。重要な問題なので、以下、比較しよう。

【内閣府→文科省宛てメール】
〈・今月(又はGW明け?)に予定する国家戦略・構造特区の共通提案に出してみては。
・反対派の同意を得るためにも、構想の内容(コンセプト、カリキュラム、自治体の取組等)を検討いただき、ご相談いただきたい。〉

【愛媛県作成の面会記録文書】
〈・今年度から構造改革特区と国家戦略特区を一体的に取り扱うこととし、年2回の募集を予定しており、遅くとも5月の連休明けには1回目の募集を開始。
・ついては、ポイントを絞ってインパクトのある形で、2、3枚程度の提案書案を作成いただき、早い段階で相談されたい。〉
〈・獣医師会等と真っ向勝負にならないよう、既存の獣医学部と異なる特徴、例えば、公務員獣医師や産業獣医師の養成などのカリキュラムの工夫や、養殖魚病対応に加え、ペット獣医師を増やさないような卒後の見通しなどもしっかり書きこんでほしい。〉

しかも、じつは柳瀬氏は首相秘書官時代、こんな言葉を漏らしていたということが、昨日発売の「週刊文春」(文藝春秋)18年4月26日号に掲載された。

どうも官邸の“安倍さん命”という空気には私はついていけません
「今井さんが首相に近い企業を押し込んでくる」

柳瀬氏が言う「今井さんが首相に近い企業を押し込んでくる」というのは、安倍首相の外遊についてのこと。安倍首相は外遊の際に財界人を同伴させて原発や新幹線などのセールスを展開してきたが、そうした人選を担当していたのが柳瀬氏だった。だが、その際に今井首相秘書官が「首相に近い企業を押し込んでくる」ことに、柳瀬氏は嫌気がさしていたらしい。

 そして、じつはこの「首相に近い企業」には、加計学園も含まれている。実際、2013年5月24〜26日におこなわれたミャンマー訪問には加計理事長が同行。なんと政府専用機にまで加計理事長を搭乗させていたことがわかっている。

「週刊文春」によれば、今井氏は「柳瀬はこっち側の人間じゃない」として、2013年11月、それまで歴代の経産省出身秘書官が担当していたマスコミ対応の仕事から柳瀬氏を外したのだという。

完全に安倍首相の下僕と化した佐川氏とは違い、首相秘書官時代から“面従腹背”の状態だった柳瀬氏。望みはかなり薄いが、すでにばれている嘘をつきつづけるよりも、ここは前川喜平・前文部科学事務次官のように反旗を翻してほしいもの。最後に、前川氏が佐川氏の国会招致前に送ったメッセージを、柳瀬氏にも送りたい。
2018031800021_1.jpg
知っておられることをありのままにお話しいただきたいなと思います。これから20年、30年と生きる人生のなかで、ほんとうのことを話したほうがこれからの人生が生きやすいのではないかと思いますけどね

米国から帰って、入院しちゃうと言う噂が出ている。さらに、この追い打ちではいよいよOUTでしょ。身内から出ていることを良く考えましょう



励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

一服の清涼剤

板垣ブログが飛ばしている。
一服の清涼剤として読みましょう(本当は期待している)

ここは、国体を戻すために腕力がいる。小沢さんにお願いしましょう。


2018年04月17日 08時22分00秒 | 政治
 

本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
天皇陛下の「大命降下」=小沢一郎政権樹立は、安倍晋三首相の訪米中に、麻生太郎副総理を安倍晋三首相から引き離して実現する

◆〔特別情報1〕
  天皇陛下の「大命降下」(安倍晋三内閣は速やかに総辞職し、小沢一郎代表を軸に政権を樹立せよ)は、早速、大きな波紋を各方面に広げていて、皇室をはじめ、政財官界、国民各層が覚醒し、「小沢一郎政権」実現に向けて、極めて速いスピードで動き始めている。これは、自民党の二階俊博幹事長にとっては、絶好のチャンスだ。安倍晋三首相が4月17日から20日までの日程で訪米、日本を留守にするからである。外交能力が貧弱な安倍晋三首相は、朝鮮半島の南北首脳会談(4月27日、板門店)、米朝首脳会談(5月末、場所は未定)を前に、「南北・米朝和平」をめぐり、トランプ大統領と「平仄」を合せておく必要がある。「日本人拉致被害者救出」を米朝首脳会談のテーマに含めることと、鉄鋼とアルミニウムに輸入関税を課す措置を解除して欲しいと陳情外交に専念する。この間、麻生太郎副総理兼財務相を安倍晋三首相から引き離す工作に全力を上げる必要がある。このままでは、麻生太郎副総理兼財務相は、薄汚れた安倍晋三首相と「抱き合い心中」を強いられる。


本日の「板垣英憲(いたがきえいけん)情報局」
天皇陛下の側近たちは、「小沢一郎政権樹立」「女性宮家創設」の準備に着手、二階俊博幹事長をバック・アップする態勢だ

◆〔特別情報1〕
  自民党の二階俊博幹事長が、トロく鈍い麻生太郎副総理兼財務相に苛立っている。役所中の役所、省庁と言われる財務省の事務方のトップである福田淳一財務事務次官のセクハラ疑惑に対して、電光石火、果敢に対処、言うなれば、処分できず、もたついているからだ。4月17日午前の記者会見で、「一日も早く決着をつけてすっきりした気持ちで審議に当たれるように環境を整えたい。それを急ぐべきだ」と述べたが、本心は、「いつまでも福田淳一財務事務次官を庇っていると、安倍晋三首相と一蓮托生、まとめて葬られるぞ」と焦ってもいるのだ。何しろ、天皇陛下の「大命降下」を侍従から伝えられた際、「安倍晋三首相が訪米(4月17日~20日)から帰った後、5月中旬までに麻生太郎を辞めさせる。そうなると、安倍晋三政権は、持たなくなるので、6月頭までには総辞職ということになるでしょう。そういうふうに考えて調整しています」と答えて、「早急に行動に移す」ことを約束している。それだけに時間を空費するわけにはいかない。天皇陛下の側近たちは、すでに「小沢一郎政権樹立」「女性宮家創設」の準備に着手、二階俊博幹事長をバック・アップする態勢を整えているという。



励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村

フルフォードレポート(4/16)

狂気のシオニストが再び第三次世界大戦を始めようとすると、フランス革命が始まるかもしれない


何年も前からハルマゲドンを始めようと企んできた不正な狂信的シオニストたちは、今度のシリアにおける企みは再び失敗に終わった。彼らは、フランスで革命が始まる可能性が高いと言う深刻な影響に直面している。

詳細に入る前に、ここで何を取り扱っているかの復習をしておきましょう。人類の90%を殺し、生き残りを奴隷にすることで聖書の予言を演出しようとする宗教的狂信者によって、西側の政治及び金融の機関が乗っ取られたとは、まじめに現実に根差している人々が理解することは困難である。にもかかわらず、圧倒的な証拠が、これが、正確に現在起こっていることであることを示している。

我々は全ての証拠をここで展開するつもりはなく、ドナルド・トランプの義理の息子のジャレット・クシュナーがなにをしてきたかを見ることにしましょう。クシュナー一家はニュヨークの5番街666番地のビルを市場価格以上で購入した。

bRV1htS.jpg

https://www.nytimes.com/2018/04/06/nyregion/kushners-vornado-666-fifth-avenue.html

また、非公開のウエブサイトからこの情報を削除しようとする重大な企みがあったにもかかわらず、Lucent Technologies社がそこに拠点を置いて、移植可能なRFID(無線電波通信)チップを開発。していたことを確認できる。ここに、これらのチップが意図していることに関する科学雑誌の記事がある

https://www.popsci.com/my-boring-cyborg-implant

img_1975.jpg

dangerousthings-rfidimplant.jpg

クシュナーは、人類のほとんどを殺した後、その支持者各々に2,800人の奴隷を与えることをも目指している過激的なチャバード派の一員であることを思い出さなければならない。言い換えれば、米国大統領の義理の息子は、以下のような聖書の予言を現実に代えようとしているグループの一員であることを現実に確認することである。


黙示録13:16-18
「また、小さな者にも大きな者にも、富める者にも貧しい者にも、自由な身分の者にも奴隷にも、すべての者にその右手か額に刻印を押させた。そこで、この刻印のある者でなければ、物を買うことも、売ることもできないようになった。この刻印とはあの獣の名、あるいはその名の数字である。人間の数字は六百六十六である。」

この時点で読者は、この詩がユダヤ教の旧約聖書からのものではなく新約聖書からのものであることを思い出すことは価値があって、つまりこれはユダヤ人の計画ではなく、これらの人々は本当のユダヤ人ではなく、悪魔を崇拝している。もう一度古い格言「真実は小説より奇なり」は真実になっている。

これで、我々は最近のニュース事件をこれで固定することができる。最初に、3月29日のチャバード指導者とトランプの会談に関する以下のリンクの写真を見てください。

Chabad-Trump-Oval-Office-2018-resize-e1522307813443-640x400.jpg

https://www.timesofisrael.com/trump-meets-with-chabad-rabbis-in-oval-office/

これらの人々との会談の後、ドナルド・トランプは米国がシリアから撤退することを発表することで、気の狂った計画に不本意に付き合うことを暗示した。そこで、何が起こった?何故、トランプは13日の金曜日を選んで突然攻撃を命じたのか?

CIAと他の情報源によると、答えは、彼らの支配網が崩壊し瀕死のハザール・シオニスト狂信者は米国とロシアを第三次世界大戦に追い込み、彼らの長期計画のハルマゲドンを開始する大規模キャンペーンを実行した。

重要なことは、4月9日にドナルド・トランプの弁護士マイケル・コーエンの事務所を襲撃したことである。CIAと国防総省の情報源によると、この襲撃の目的はトランプにシリアのロシア軍への攻撃を命令させるためにトランプを脅迫するために資料を見つける為であった。トランプのアトランティックシティのカジノは1991,1992,2004と2009年に破産し、ロシアのギャングや、その他の疑わしい人物によって救済された可能性が高いので、多くの脅迫の材料が見つかったのは間違いがない。

米軍は襲撃の晩に次の写真を掲げて対応した。

DacyGhHX4AAqhfN.jpg

「メッセージはトランプの背後に米軍がしっかりいること、そして徒党へのメッセージは左に9、右に11が表示されている」と国防総省情報源は言う。

それにもかかわらず、米軍は4月13日にシリアへ攻撃を進めたのは、シリアを確実に不安定にすることであるから。

https://www.youtube.com/watch?v=JxWdiXfUqsA

米軍はまた、世界最大の広告会社のWPP責任者マーティン・ソレルを先週辞任させることで、メディアのハザール支配に対抗する動きを取ったと、国防総省情報源は言う。また、ハーベイ・ウェスティンスキャンダルはディズニーCEOボブ・アイガーの大統領の野心を打ち砕いたと、彼らは述べた。

容易で広く分かる嘘に基づくこの攻撃の更なる過激な報復があるだろう。最初の犠牲者は英国とフランスのハザールマフィア奴隷政権の可能性が高い。

フランスの状況は特に危険な状態である。フランス国家移行委員会の外交顧問Fabrice P.J. Dubordieuは委員会の演説で、フランス軍も警察も詐欺政権に対する公開の反乱の淵にいると述べた。

Dubordieuによると、フランス大統領エマニュエル・マクロンが選挙窃盗によって権力を取ってから、彼は直ちに高く尊敬されている将軍Pierre de Villiersとの戦いに入り、2017年6月17日に彼を辞任に追い込んでいる。彼の後任のイエスマンである将軍François Lecointreは、彼の評判がアフリカでの汚い作戦に関与によって損なわれ、仲間から尊敬をされていないので、軍隊において緊張の大きな理由となっていると、彼は言う。

移行委員会はストライキは司法、暴動警察と普通の警察によって行われていると報告している。

判事と弁護士も、司法改革が彼らの権力を侵食し、人権を制限しているので怒っており、ストライキを繰り広げている、彼らは言う。

彼らは、反暴動警察は法律でストライキを認められていないので、その代わりに、その多くが彼らの家族であるフランスの学生、組合員と環境保護者と戦っているので疲れていると報告している。

10万人のフランスの国防軍はマクロン政権の初めから関係が悪いので、政権全体を逮捕する準備ができていると、委員会は言っている。状況は非常に悪化しているので、マクロンは最近500人のEU軍をベルサイユの国防兵舎に駐留させたと、彼らは言う。

https://en.wikipedia.org/wiki/European_Gendarmerie_Force

それだけではなく、委員会は傭兵をベルギーとドイツのフランス国境に駐屯させていると報告を受けている。暴動を防ぐために外国人や不正な軍隊を雇うことは、実際は虚偽的には反逆である-法律ではなくても、少なくとも国民と軍人にはと、Dubordieuは言う。

マクロンによるシリア攻撃命令は状況を悪化させていると、彼は言う。「我々の詐欺政府は、実際には我々がアクセスできない情報を引用してアサド大統領を非難している」と彼は指摘する。最終的にはフランス軍は修理の為にドッグ内にいた空母を派遣することはできず、代わりに小さな船が数発の形だけの発射を行った。

いずれにしても、移行委員会は5月5日に大きな圧力が起こると言っている。「モンべリエとストラスブルグの大学生が、学生総会でその日にエリーゼ宮を占領することに投票したと、彼は言う。「それはおそらく他の大学の学生が続くであろう」と彼は付け加えた。マクロン地震は、その日に南太平洋の遠路ニューカレドニア領内に隠れることになると、彼は指摘する。

「フランス共和国は間違いなく、劣化したモードに突入する!政権交代が近づいていると、Dubordieuは結論する。

英国メディアは、英国のテレサ・メイ奴隷政権による状況もまた、1/4にしか支持されないシリアの「明らかに無意味な」攻撃にますますモロク続くことになる。メイは、負けることが分かっていたので、議会の承認なしに攻撃を実行した。

https://www.theguardian.com/commentisfree/2018/apr/14/theresa-may-essential-argument-for-syria-strikes-nonsensical

https://www.independent.co.uk/voices/theresa-may-trump-syria-strikes-parliament-vote-britain-russia-chemical-weapons-latest-a8303146.html

日本の安倍晋三奴隷政権は、シリアの道化芝居には参加しなかったが、捕食と戦争犯罪への安倍の関与を非難されている。彼の辞任を求める国会前のデモが連日続いている。

1000x-1.jpg

https://www.bloomberg.com/news/articles/2018-04-14/japanese-protesters-demand-liar-abe-s-resignation-over-scandal

https://sputniknews.com/asia/201804151063594181-high-turnout-at-tokyo-rally-demanding-abe-resign/

旧秩序の崩壊が続く中で、もっと協力的な世界への大きな動きが南太平洋の様々な海軍の集合に見られると、アジアの拠点を置くCIA情報源は言う。ここに彼らの報告がある:

「太平洋に海軍が集まる本当の理由は、秘密の宇宙計画に使われる希土類元素の巨大な鉱脈が、最近東京の東南600マイルに発見されたからである-今後数十年、宇宙計画を進めることができる十分な量である。

「問題は最大3,000mの深さのこれらの金属を採掘することである、これは退役フランス艦長のJacques Cousteau が亡くなる時まで取り組んでいたことである。以下は、彼の旧船カリプソ号は最新技術で補修と機能アップされ、高度水中レーダーシステムで装備したアメリカ、中国とロシア軍艦と共に、これを実行することに役立っている。

「明らかに、南シナ海の海底には、プラチナとプラチナ族が混在する膨大な量の希土類元素が含まれている。これは、1947年い中国が設定した九段線周辺に「中国の水中の壁」を設けた網一つの理由である。

この資源争奪に関連した動きとして、国防総省情報源は、バヌアッツ火山の噴火により中国がオーストラリアに近いところに軍事基地を作ることができなくなる可能性があると、述べた。

https://phys.org/news/2018-04-vanuatu-island-evacuate-volcano-erupts.html

最後のコメントとして、バーバラ・ブッシュが死にそうである。

https://globalnews.ca/news/4145985/barbara-bush-failing-health/



今週は100%フルフォードレポートでした。


励みになります、こちらへもよろしく。にほんブログ村 政治ブログ 国際政治・外交へ
にほんブログ村



 | HOME |  古い記事へ »

文字サイズの変更

プロフィール

sugun

Author:sugun
激動の世の中 世界権力闘争の実体に迫りたい

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (313)
政治 (1)

アクセスランキング

[ジャンルランキング]
政治・経済
36位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
国際情勢
10位
アクセスランキングを見る>>

フリーエリア

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR

FC2Ad

Template by たけやん